工房 えらむ

木の器と手織の工房

08日

シバグリの実

工房のまわりに沢山生えているシバグリの木から、実がたくさん落ちてきた。
工房前には小さなイガと、栗の実がばらばらと一面に落ちている。
今年は、栽培品種の粒の大きな栗がたくさん収穫できたので、シバグリは落ちるにまかせている。かと言って落ちたイガ栗を毎日掃除する?のも面倒なのでそのままにしている。サンダルで歩きまわっているので、度々イガが足に刺さって飛び上がることになる。
リスでもやって来て食べてくれるといいのだが、リスはいないようだ。おかげで鳥がくわえて運ぶせいか、工房のあちらこちらにシバグリの木が年々増えている。

DSC05847DSC05854
シバグリ                      左  シバグリ  右  大丹波     手盆  栗材  拭漆