工房 えらむ

木の器と手織の工房

18日

2018年 新緑の工房

工房の吉野桜は、例年より1週間程度早いペースで咲き、散っていきました。
そして例年より早く工房の周りの木々は、鮮やかなうす緑色の葉を広げながら、新緑の季節を迎えました。
最近、素材として使うことが多くなった、オニグルミの木も奇妙な雄花が垂れ下がって、青空に映えています。素材としての木と四季を通じてその生きざまにかかわっていくことも感慨深いものです。
工房の小さなちいさな落葉樹の森が、光輝く美しい季節。
この風景を見ていると、春の芽吹きとともに新たな気持ちで頑張ろうと言う、1年のサイクルの始まりを感じます。