工房 えらむ

木の器と手織の工房

工房の雪景色

工房の雪景色

この冬、工房が初めての雪景色となりました。
昨夜からの雪が、予報通り、近畿の南部にも広がったようです。
小野市は、兵庫県の山間部にあると思っている人が多いせいか、「冬になると雪が大変でしょう」とよく言われる。
実際に雪が積もるのは、せいぜい年に2、3度。それも1日で消えてしまうことがほとんど。
それでも、小野市街地と比べると工房のあるところでは、積雪量はあきらかに多くなり、少しは山間部と言うことになるのでしょうか。
今日の積雪は、わずか5センチ足らずですが、久しぶりの雪景色は、工房を別世界に変えてくれます。
この雪景景色も、午前中で終わってしまいました。

DSC06914DSC06917

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です