工房 えらむ

木の器と手織の工房

2016年の梅雨明け

2016年の梅雨明け

先日、工房のある近畿エリアも梅雨明けしたとの発表がありました。
以来雨のない日が続いていますが、真夏にしては、少しドライなのがしのぎやすくて助かります。
工房を訪ねてこられたお客さんも、工房の土壁は涼しくていいですねと、林を抜けて、開け放った窓から入ってくる風が心地よく、夏の暑さを自然の力が和らげてくれるのもいいものです。
仕事で使用している軽トラックに、ごく小さな1センチに満たないような、キリギリスと思われる虫がくっついていました。まだ、生まれて間もないような透明な感じの体に、異様に長い触角のアンバランスさがとても面白い。
梅雨が明け、夏本番を迎える自然界を生きる生き物にあって、小さいけれど夏の虫の威厳を感じさせてくれます。

DSC05326

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です