工房 えらむ

木の器と手織の工房

2017年の秋の便り

2017年の秋の便り

アート・クラフトフェスティバルinたんば2017の出展も終わり、今年の展示会的なものは終了しました。
10月は、年末用やお正月用に依頼された作品作りに専念する日々です。
今日の夕方、工房から見上げた空には、なんとも美しいうろこ雲が空一面に広がっていました。
これぞ秋と言うに相応しい、空からの秋の便りにしばし感動。
そしてもう一つ、嬉しい便りをいただきました。
先日のアート・クラフトフェスティバルinたんば2017で、私の漆塗りの手彫りのお椀を購入いただいた若いご夫婦の方からお手紙が届きました。
実際にお椀を使っていただいた写真とともに「喜んで使わせていただいています・・・・。」と身に余る言葉が添えられた、お手紙をいただきました。
作り手としてこんな嬉しいことはありません。
まだまだ未熟な作品にも関わらず、感謝の思いでいっぱいです。
これからも真摯に、使い手の方に喜んでいただけるような器づくりをしていかなければならないと思いを新たにさせていただきました。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です