工房 えらむ

木の器と手織の工房

うろこ雲

うろこ雲

ここ最近は、雨もなく猛暑日が続いて、工房内は連日30度を超える暑さにまいっていましたが、24日25日は、久しぶりに台風のような強い風雨となりました。
今日26日は、工房内の温度計も25度前後となり涼しい穏やかな1日となり、猛暑から解放されました。
夕方、工房の空には、とてもきれいなうろこ雲がみられました。
サラリーマン時代は、空をじっくり見上げることはなかなかありませんでしたが、今の仕事を始めてからは、植物、鳥、虫、空、風・・・・・、自然と向き合うことが生活の一部となりました。

うろこ雲は巻積雲の俗称ですが、高層に小さな氷の粒でできた雲で、日本の秋の象徴的な雲と言われています。
確実に秋に近づいているようですが、天気予報では、また厳しい暑さが戻ってくるようです。
暑さとはあと少しの我慢でしょうか。

DSC05243

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です