工房 えらむ

木の器と手織の工房

2018年工房の夏

2018年工房の夏

暑中お見舞い申し上げます。
工房の7月は、豪雨で始まり、その後はカラカラ天気の猛暑日が20日間ほど続き、そして今だ迷走を続ける台風12号の直撃を受けると言う、まさに天候に翻弄された1ヶ月でした。
かつては夏山登山に嬉々としていた、夏大好き人間の工房の住人も、さすがにこの異常な暑さに、こんな暑さの中では、仕事など満足にできる訳がないなどと、いつも以上に効率の上がらない仕事ぶりの言い訳を暑さのせいにしている日々です。
工房の周りの木々は、この暑さをものともせず、強烈な夏の日差しをエネルギーを蓄えている様子です。
工房の片隅に植えたクリ、ビワ、カキ、ブルーベリーは元気そのものです。
台風一過とまではいかないものの、久しぶりに空には、積乱雲以外の雲が漂っています。たまたま見上げた空に、菱形の雲があって、ちょっと涼やかな気分になりました。
まだまだ猛烈な暑さが続くようですが、皆様におかれましては、どうかお体ご自愛ください。

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です