工房 えらむ

木の器と手織の工房

2018年 工房の秋

2018年 工房の秋

9月も下旬となり、さすがに暑かった工房の日々も峠を越えたようです。
工房に自生する萩の花も咲き始めました。
最近は、雨や曇りの日が多く、さわやかな秋空を望む日がほとんどありません。
萩の花を写真に収めながら、今日は中秋の名月の日ですが、やはりあいにくの曇り空と思っていましたが、夜になって雲間から中秋の名月がのぞいて、少し秋の風情を感じることができました。

先日、工房を訪ねてくれた高校生からお礼の手紙が届きました。
工房の前で、全員で記念撮影した写真を絵はがきにして届けてくれました。
工房で、私たちの仕事や学生さんたちの将来の仕事について語り合ったことが、印象的だったようで、そのことがお礼の言葉と一緒に添えられていました。
そして最後に、それぞれが学んだことをしっかり身に着けて、また工房を伺いたいとありました。
私たちは、なんら技術的なことをアドバイスできるレベルにはありませんが、
私たちの工房に興味をもって訪ねてくれたことに、心より感謝したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です