工房はキノコでいっぱい

全国各地に豪雨被害をもたらした、梅雨の日々も一息ついたようで、工房もやっと長雨から解放されました。
本当にこれでもかと言う長雨に、気分も滅入る日々でしたが、久しぶりにみる日の光がとても新鮮な気分にさせてくれます。
そんな長雨は、ささやかな贈り物として、工房の敷地に沢山のキノコを登場させてくれました。工房の至るところに大きなキノコが、いっぱい生えてきています。キノコは、秋のものと言うイメージがありますが、梅雨の時期の方が沢山生えると言われています。
名前のわからない大きなキノコが、至る所に生えているのですが、これが一部でも食べられるキノコだったらどんなに嬉しいかと思うのですが、キノコに関しては、ほとんど知識がないので、だれかキノコに詳しい人が来てくれたらといつも思います。
小さな工房の林に繰り広げられる、季節ごとの自然の営みを感じることができるのは、ささやかな楽しみでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です