そばの器展より そば湯入れ

2021年8月23日から8月29日まで、東京のACギャラリーさんで開催されていました「そばの器」展が終了しました。
コロナ禍が治まりをみせない中で、外出のしにくい日々ですが、会場へ足をお運びいただいた皆さまには、心よりお礼申し上げます。
ギャラリーでの展示は終了しましたが、作品の一部を特設オンライン展示として、9月23日まで、ACギャラリーさんのホームページで、作品の紹介と販売を行っていただいています。
よろしければオンライン展の方もご覧いただけましたらと思います。
今回、そばの器展用に作ったそば湯入れの蓋つきの片口です。
だ円の片口本体は栗の木を彫って、蓋の部分は、栃の木を彫って、それぞれ拭き漆塗りで仕上げています。
そば湯入れは、取っ手のついたものが多いですが、これは、取っ手を付けていませんので、だ円の少し細身の片口にして、表面を面取りして持ちやすくしています。

そばの器 オンライン展  9月23日まで → click

 

そばの器 特設オンライン展

2021年8月23日から8月29日まで、東京 銀座5丁目のACギャラリーさんで開催中の「そばの器」展に出展しています。
陶芸家4名の方と木工品の私、田中陽三の5名による、そば料理にまつわる器や道具の展示会ですが、全国的に治まらないコロナ感染の状況で、なかなかギャラリーへ足を運びにく状況もあると思います。
現在、ギャラリーでの展示と並行して、作品の一部を特設オンライン展示として、9月23日まで、ACギャラリーさんのホームページで、作品の紹介と販売を行っていただいています。
私も麺鉢、どんぶりとして使える大ぶりのお椀と、そば猪口の2点の作品をアップしていただいていますので、よろしければご覧いただけましたらと思います。

そばの器 オンライン展 → click

会場 ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
期間 2021年8月23日(月)~8月29日(日) 11:30~18:30 最終日は17:00まで

出展者
副島 康嗣(白磁)
副島 微美子(白磁)
山下 秀樹(陶)
赤瀬 圭子(陶)
田中 陽三(木工)

そばの器 展始まりました。

本日、2021年8月23日から8月29日まで、東京 銀座5丁目のACギャラリーさんで開催されます「そばの器」展が始まりました。
陶芸家4名の方と木工品の私、田中陽三の5名による、そば料理にまつわる器や道具の展示会です。
私は、各種のお椀、お皿、片口、薬味入れ、折敷などを出品しています。
展示会初日には、ギャラリーでの在廊を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が、酷くなった状況を受けて、残念ですが上京、在廊を断念しました。
今回、そば料理にまつわる器として、そばの実をかたちどった豆皿の新作を作りました。
拭き漆塗りのものとオイル仕上げのものがあります。拭き漆塗りのものは、漆のいろがそばの実の色に近いこともあって、できるだけリアルな色に近づけてみました。
ちょっとした薬味入れとして、使っていただければと思います。
コロナ禍の落ち着かない日々ですが、ご高覧いただけますと幸いです。

会場 ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
期間 2021年8月23日(月)~8月29日(日) 11:30~18:30 最終日は17:00まで

出展者
副島 康嗣(白磁)
副島 微美子(白磁)
山下 秀樹(陶)
赤瀬 圭子(陶)
田中 陽三(木工)

そばの実豆皿

そばの器 展の作品

来週、2021年8月23日から8月29日に、東京 銀座5丁目のACギャラリーさんで開催の企画展「そばの器」展に出展いたします。
陶芸家4名の方と木工品の私、田中陽三の5名による、そば料理にまつわる器の展示会です。
出品予定の作品の一部を紹介したいと思います。
そば料理を想定した拭き漆塗りのお椀、めん鉢、そば猪口、お皿、片口などです。
お椀は、たっぷり入る大きめのお椀で、口径は13.5センチあり深めです。
めん鉢は、口径18センチありますので、どちらも丼鉢としても使えます。木製なので、陶器製に比べると、熱も伝わりにくく、軽くて使いやすいと思います。
お皿は、7寸(21センチ)の胴張りの角皿ですが、少し彫りを強めにして表面を凹凸にすることで、ざるそば用のお皿として、そばの多少の水切れ感を良くしています。
新型コロナウイルスの感染拡大により、外出のしにくい日々ですが、ご高覧いただけましたら幸いです。

会場 ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F  ホームページ
期間 2021年8月23日(月)~8月29日(日) 11:30~18:30 最終日は17:00まで

松の木の皿を彫る

明治時代に建てられた、大変大きな古民家が解体されることになり、そこから質の良い古材が沢山出て、これを再生して何か出来ないかと言う相談を受けました。
大変、良い材木を使って建てられた古民家だそうで、廃材として捨てるのも勿体無いので、少しでも使って、記念品的にでも残せないかと言う相談です。
とりあえず、床材に使っていたと言う松の木の板を持って来られ、これでお皿を彫ってみることにしました。
100年以上経過した松の床材ですが、床材と言えしっかり厚みもあり、彫ってみると、鮮やかな飴色の美しい松の木の色が現れました。脂のしっかり乗った濃い杢目の、松の特有の魅力的な表情です。
釘を抜いた跡などもありますが、これも味として使えそうなお皿が出来ました。
いい材を使って、しっかりした建物を作っていたことが感じ取れます。
少しでも、捨てることなく生かしていくことのお手伝いが出来ればと思います。

詩 絵と書の世界 展を見てきました

兵庫県三木市にある森の風美術館で開催されている「詩 絵と書の世界」展を見てきました。
美術家の柏原清人さんと書の加藤美鈴さんのお二人による作品展です。
美術家の柏原清人さんとは、以前に所属していたアートグループでの展示会で、一緒に展示会をさせていただいたことがあります。
柏原さんの作品は、自然をモチーフにされた絵画作品や立体作品等が多く、やさしく、そして深く訴えかけてくる作品にとても好感が持てます。
私も、自然界の営みを意識した作品作りに興味を持っていることもあり、お互いに相通じるものを感じます。
今回は、書家の方の、やわらかい落ち着いた書との雰囲気がとても合っていて、とても癒される雰囲気のある展示会になっていました。
機会がございましたら、ぜひご覧いただければと思います。

会場 森の風美術館  兵庫県三木市福井字三木山2465-1 三木山森林公園内
期間 2021年8月9日(月)~8月17日(火) 9:00~17:00 最終日は15:00まで

そば猪口の仕上がり

2021年8月23日から8月29日に、東京 銀座5丁目のACギャラリーさんで開催の企画展「そばの器」に出展いたします。
陶芸家4名の方と木工品の私、田中陽三の5名による、そば料理にまつわる器や道具の展示会に制作していた、木のそば猪口の出来上がりです。
栗の木を彫って作ったそば猪口ですが、手で彫って、側面を面取りしています。
仕上げは、濃いこげ茶色に拭き漆塗りしています。
そば猪口といえば、木製品はあまり見かけず、やはり白磁や白磁の染付のイメージが強いかと思いますので、この木のそば猪口を手に取っていただける方が、はたしておられるだろうかと思ってしまいます。

会場 ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
期間 2021年8月23日(月)~8月29日(日) 11:30~18:30 最終日は17:00まで

2021年の暑中お見舞い

2021年 暑中お見舞い申し上げます。
ここ数日、工房内の温度計が30度を超える暑い日々が続いています。
小さな林に囲まれ、野池に面した工房には、野池を渡ってくる風が心地よく、この風のおかげで、暑い工房で仕事を続けることができます。
とは言っても、風のない日もあり、さすがにそんな日は扇風機に頼っていますので、自然環境だけで、暑さを乗り切ることができないのが現実です。
今年は、例年になくセミの多い年のようです。木にとまっているセミの数がすごく多く、朝から順にいろんな種類のセミが、にぎやかに鳴いています。
ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシと、セミ好きの方がおられたら、なかなか楽しいところです。
小さな林の工房ですが、多様な自然の表情を感じながら仕事ができることは、嬉しいことです。

 

そばの器展

2021年8月23日から8月29日に、東京 銀座5丁目のACギャラリーさんで開催の企画展「そばの器」に出展いたします。
陶芸家4名の方と木工品の私、田中陽三の5名による、そば料理にまつわる器や道具の展示会です。
私は、そば料理にまつわる木製品として、各種のお椀、お皿、片口、薬味入れ、折敷などを出品予定です。
ACギャラリーさんは、東京の銀座5丁目にあるとても立地の良いギャラリーで、陶芸作品を出品される陶芸家の方は、皆さん実力派の方ばかりで、私は、とても身の引き締まる思いです。
コロナ禍の落ち着かない東京ですが、お近くの方がいらっしゃいましたら、ご高覧ください。

会場 ACギャラリー 東京都中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
期間 2021年8月23日(月)~8月29日(日) 11:30~18:30 最終日は17:00まで

出展者
副島 康嗣(白磁)
副島 微美子(白磁)
山下 秀樹(陶)
赤瀬 圭子(陶)
田中 陽三(木工)