秋岡芳夫さんのこと

私が登山に熱中し、何か自然と暮らす仕事がしたいと漠然と思っていた時に、工業デザイナーの秋岡芳夫さんの本に出会いました。もう25年以上も前のことになりますが、秋岡さんの本と出会ったことで本気で木工を職業にしたいと考えるようになったと思います。
入手できる本はいろいろ読みました。本の中には、木のすばらしさ、木の道具を使い込む良さなど、それまでほとんど気づかなかった木のことが紹介されており、目からうろこの出会いでした。
そして工業デザイナーとして、モノには人に合った大きさやサイズがあることを紹介されていました。
私もすぐに本の中に紹介されている日本人に合った座高の椅子と、それに合う高さのテーブルを作って使ってみたところ、楽に座れる、仕事や食事がしやすい、来客用テーブルとしても違和感がないなど、モノのサイズの重要性を実感することになりました。
秋岡さんのことばに、「木はそる、あばれる、狂う、いきているからだから好き。」と言うのがあります。今やっと木の器づくりを職業としていますが、木とどう付き合うかを教えてくれているように思います。今も時々その言葉を思い浮かべながら仕事をしています。
秋岡芳夫さんは1997年に亡くなられました。本当に残念です。

DSC04140

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。