秋岡芳夫さんのこと その2

先日、工業デザイナーの秋岡芳夫さんのことを書かせていただきましたが、私は残念ながら秋岡さんとお会いしたことはありません。
しかし、秋岡さんとのことで興味深い思い出があります。
もうかなり以前のことですが、秋岡芳夫さんが審査員長をされておられたクラフトコンテストに応募した時のことです。
その時のコンテストでは入賞できませんでしたが、コンテストの会期終了後、コンテストを運営されておられた方から、入賞者の選考状況についてお話がありました。
大賞など大きな賞がすべて決まり、最後に一番最後の入賞者を決める際、私の作品と、もう一人ほぼ同じコンセプトで製作された作品が候補になったそうです。どちらを入賞者とするか審査員の方々の中で意見が分かれため、最終的に審査員長の秋岡さんの判断にお願いしようということになったそうです。秋岡さんの選定でもう一人の方の作品が入賞と決められ、私は入賞から外れました。同じコンセプトで作られたもう一人の方の作品は、私のものよりシンプルにまとめられた作品でした。私はそのことを聞いて、秋岡さんの選考に妙に納得した、そんな思い出があります。

DSC04151

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。