書と木工で奏でる晩秋展が終了しました

書道家の近藤朱鳳さんと、2021年11月19日(金)~21日(日)まで、神戸市中央区の兵庫県民会館内 兵庫県民アートギャラリー1F特別展示室にて開催しておりました、「近藤朱鳳・田中陽三  書と木工で奏でる晩秋」展が終了いたしました。
開催日前日の開場設営の段階から、興味を持たれた方が、沢山会場に入って来られると言う始まりでした。
本番の3日間は、連日沢山の方に会場に足を運んでいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私としましては、書道家の方との初めての展示会で、どのような雰囲気になるのか、不安な部分もありましたが、なにか不思議と、作品が違和感なく馴染んで、とても素晴らしい展示空間ができたと思います。
美しく慈悲深い書に包まれ、花を入れていただいて生き生きとした器とともに、なんとも幸せな時間を過ごすことが出来ました。
会場にお出でいただいた皆さま、書道家の近藤朱鳳さんと展示会を支えていただいた皆さまに心より感謝申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です