2021年新緑の季節に

工房は、新緑の季節を迎えました。
今日は、朝から雨だったこともあって、夕方の雨上がりに見る新緑は、とても鮮やか。
工房前に自生するシバ栗の小さな若葉の緑も、とても美しく感じます。
工房の一番いい季節です。ちょうど3年前の今頃、雑誌「住む。」の取材を受け、工房で一番お気に入りの風景を記事にしていただきました。
そんな折しも、つい先日、「住む。」編集長の伊藤宏子さんが、近くに取材に来たからと言って、取材の帰りに工房に立ち寄ってくださいました。
同行のカメラマンさん、ライターの日野明子さん、日野さんは、ライターと言うより、私にとっては、私が師と仰ぐ秋岡芳夫さんの下で直に多くを学ばれたことを生かされて、クラフトや生活用品の目利きとして、活躍されておられるお会いしたかった方。
当工房へは、まったくプライベートにお立ちお寄りいただいて、3年前の当工房の取材時の話や、ものづくりなどの話で楽しい時間を過ごさせていただきました。

春蘭を頂く

工房に時々立ち寄られる隣町の鍛冶師さんから春蘭(シュンラン)をいただきました。
鍛冶師さんは、木工業界では伝説的と言えるほどの、鉋や鑿を造られる方ですが、山野草にも造詣が深い方で、これまでもいろいろ山野草についても教わってきました。
鍛冶師さんから電話で、春蘭を植えへんかと連絡があり、私も春蘭は、好きな花だったので、二つ返事でいただきますと。
庭のかたずけで、取り除くことになった沢山の春蘭の株が、私の工房の敷地にやって来ました。
春蘭は、北海道から九州に広く分布し、日本を代表する野生ランで、シンビジウムの仲間だそうで、主に里山や人里に近い山地の雑木林などに自生し、古くより季節の花や祝いの花として親しまれてきました。
春蘭は、ランとしての派手さはなく、里山に自生する、清楚な感じが魅力的です。上手く工房の日陰に根付いてくれるといいのですが。
そして、鍛冶師さんから春蘭にまつわる頂きものをもう一つ。春蘭の花を塩漬けしたもの。
塩漬けした春蘭の花を白湯にいれると、湯呑の中で、きれいに花が開きます。春蘭の香りと塩味のきいた飲み物を美味しくいただくことができます。
鍛冶師さんとは、いつもこんな感じで、感謝に堪えません。

桜とミツバツツジの開花

今年は、例年になく早く、工房の桜が開花しましたが、それを追いかけるかのように工房に自生するミツバツツジの花が開花しました。
例年は、4月上旬に桜が咲き始め、桜がほぼ咲き終わるころ、ミツバツツジが咲き始めるのが通例ですが、今年は、ほぼ同時に、それも4月に入ったと同時に満開です。
大変美しい桜とミツバツツジのツーショットが楽しめています。
気温や気象条件がもたらす、ささやかな自然現象の彩は、なんともドラマチックで感動的なものです。

 

2021年 工房のさくら咲く

2021年の工房の桜が咲きました。
今日3月22日に工房の入口付近に植えた、吉野桜の花の開花を確認しました。
例年より非常に早い開花です。
工房のある所は、兵庫県小野市の市街地より少し小高いところにあることから、小野市の中でも桜の開花の遅い地域で、例年は4月に入ってやっと咲き始めるのですが、今年は驚くほど早い開花となりました。
全国的に、記録的な早い開花の便りが寄せられていますが、私の工房でも記録的な早さとなりました。
例年にない、いろいろな気象的要因が、全国的に早い開花をもたらしたのだと思いますが、工房の片隅に植えた小さな桜の木も、感度よく特異な気象条件をとらえていたのが、なんだか健気に感じます。
こんな、ささやかな季節の移ろいを楽しみながら、毎日仕事をしていますが、どうも最近は、ほとんど惰性で仕事をしているような日々で、私ももう少し感度よく、世間の状況を察知して、動くことが必要かなと、ふと思いました。

2021年 工房は春へ

今日は、春らしいほのぼのとした天気。
とは言っても、午前中は肌寒く薪ストーブが欠かせない日々です。
工房の周りの木々は、まだほとんど裸木のままですが、それでも少しづつ春の訪れを感じさせてくれます。
サクランボ木は、桜より1ヶ月早く満開。毎年たくさん花は咲かせるけれど、ほとんど実のならない佐藤錦のサクランボは、まあ花の少ない時期に、いち早く春を届けてくれるので、良しとしましょう。
今年は、全国的に桜の開花も早いそうですが、工房の吉野桜のつぼみも例年より膨らみが早い感じがします。
今日は、暖かいので畑でジャガイモの植え付け。メークインの種芋に薪ストーブの灰をまふして植え付けました。
3月のささやかな春のひと時は心地よく、どんなエンターテインメントより楽しい。

アセビの花の季節

工房の建物のすぐそばに自生している、アセビの木の花が満開です。
アセビは、馬酔木と書き、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされているそうです。
有毒成分を含む木ですが、花はとても可憐で、白いすずらんのような花をたくさん付けて、早春の寒空のもと、花の少ない季節に、目を楽しませてくれます。
昨年は、あまり咲かなかった印象があり、話題にすることもなかったのですが、今年はたくさん元気に咲いてくれました。
野生の木々は人間以上に敏感に、気候の変動などを感じ取っているのだろうかと思います。
小さな小さな工房の雑木林ですが、いろいろな種類の木が自生していて、アセビの花から始まって、四季折々咲く木々の花を愛でるのが、工房でのささやかな楽しみです。

薪ストーブ頼みの日々

今日は、本州南岸を通過する低気圧により、早朝から雪模様。工房もうっすら雪景色となりましたが、お昼前にはすべて消えてしましました。
昨今の北陸や信越、東北にかけての豪雪状況には、驚かされるとともに、豪雪被害がひどくならないことを祈りたいものです。
これまでこんな豪雪は、経験したことがないと、皆さん言われているようですが、やはり近年の地球温暖化による海水温度の上昇がもたらす豪雪のようです。地球温暖化による被害は、冬にも顕著に表れるようになってきたようで、世界が、早急にかつ真剣に対応しなければならない時期に来ているようです。
最近の朝の冷え込みは厳しく、朝の工房の室温はマイナス1~2度の日々で、薪ストーブなしでは到底仕事のできる状態ではありません。朝、薪ストーブに火を入れて、部屋と体がおもむろに暖たまるまで、ほとんど仕事をする気になれず、ずるずると時間の浪費と思いながらも、薪ストーブにかじりついています。
時々ストーブで焼き芋をしたり、料理の鍋を載せたりしながら、薪ストーブ頼みの冬のひと時を楽しんでいます。

2021年 新年明けましておめでとうございます。

2021年 新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変多くの方にお世話になり、ありがとうございました。
今年も小さな林の工房で、自然と寄り添いながら、気負わずじっくりと作品作りに取り組んでいきたいと思います。
今年は、初めての海外での国際交流の展示会へ作品を出品の予定など、少しづつ展示会の予定などもいただいています。
相変わらずのコロナ禍で迎えることになった新年ですが、私たちの作るものや工房活動を通じて、少しでも暮らしに潤いを感じていただき、また、ものづくりの楽しさを共有していくことができればと思います。
今年もいろいろな角度から工房えらむの作品を提案させていただき、多くの方とともに活動を楽しんでいきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

鉢は、栃拭き漆だ円鉢

2020年の大晦日

工房は、2020年の大晦日を迎えました。
昨夜の寒波で、兵庫県北部は大雪警報が発令されましたが、工房はうっすらの雪景色となりました。
今年は、コロナ禍のもと、かつて経験したことのない活動のしにくい一年でしたが、それでも何とか大勢の方に支えられ、無事一年を終えることができました。
とりわけ今年は、初めてのギャラリーやショップのオーナーさんから、展示会のお声がけをいただき、展示会を中心とした活動をさせていただきました。
おかげで、いろいろなお客様や作家の方との出会いもあり、こうした方とのつながりの中で、改めてご注文をいただいたり、ワークショップにご参加いただいたりと、コロナ禍の中でありながら、活動させていただけたことは、本当に多くの方の支えがあってのことと感謝に堪えません。
相変わらずの制作スピードの遅さから、納品やご注文に際しましては、ご迷惑をおかけしていますが、遅いながらもなんとか良いものをお届けできるよう、来年も頑張って行きたいと思います。
この一年、皆さまには本当にお世話になりありがとうございました。
2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年工房の薪ストーブ事情

ここ数日、兵庫県北部では雪の便りも聞かれ、本格的な冬の到来とともに、工房の薪ストーブはフル稼働の日々です。
廃材と土壁だけの工房は、断熱構造がなく隙間だらけで、薪ストーブのない冬の生活は考えられません。
毎年頭を悩ませるのが、ストーブ用の薪の確保。
ここ数年、仕事にかまけて薪づくりをサボってばかりで、性懲りなくいつも薪の用意がないまま冬を迎えてしまっている状況。
友達の薪ストーブ愛好家に、薪を調達してもらったり、薪が無い!とSNSに投稿したら、知り合いが薪を持って来てくれたり、造園屋さんが仕事の廃材を持って来てくれたりと、なんとも情けない状態が続いています。
今年も結局、薪づくりをしないまま、冬を迎えてしまいました。
しかし今年は、親しくしている木工家さんから、仕事で出た処分の必要な端材を、住宅街のため、薪ストーブなどで燃やすことができず、処分先を探していると声をかけてもらい、渡りに船とありがたくいただくことにしました。
今のところ軽トラックに2台分の端材をもらい受け、ストーブの燃料として大助かりです。
まあ今回は、お互いに助かるのでいいかと思うのですが、相変わらず薪づくりをサボって、知り合いに頼る生活は改めなければと思う日々です。