工房 えらむ

木の器と手織の工房

06月

じゃがいもの収穫

工房のとなりにお借りしている畑で、2019年のじゃがいもの収穫をしました。
今年は、オーソドックスな品種の男爵とメークイン。
雨が少なかったせいか、芋は小ぶりですが、きれいなじゃがいもが沢山収穫できました。そして畑は夏野菜の季節を迎えます。
自然と寄り添って暮らしたいと言う思いから、自然素材を使ったモノづくりを夫婦で仕事にして生活していますが、工房のご近所さんのご厚意で畑をお借りして、野菜作りも楽しい生活の一部になりました。
ごくささやかではありますが、季節を感じながら、自分たちの食べるものも自給できることは、私たちのモノづくりの暮らしに潤いを与えてくれています。
新じゃがの味を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

器と雑貨 moi での工房えらむ木の器と織展

2019年6月22日から6月30日まで、兵庫県加古川市にある「器と雑貨 moi」にて、工房えらむ 木の器と織展を開催いたします。
工房の隣町にある、おしゃれな器と雑貨のお店での木の器と織作品の展示会です。
木の器は、漆塗りの器やお盆などに加えて、カジュアルに使える、オイル仕上げのお皿やカッティングボードを少し多めに用意する予定です。
織作品は、織衣、マフラー、鞄、アクセサリーなどを用意する予定です。

6月29日(土)13:00~15:30には、クルミの木を彫って6角形のお皿を作るワークショップを開催します。
6角形のお皿 約12×12×厚さ1.5センチ
参加費 材料費税込み3.240円 定員6名
参加ご希望の方は、器と雑貨 moiさんへ直接お申し込みください。

 

 

 

 

 

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

器と雑貨 moi 兵庫県加古川市北在家2482  moiホームページ
TEL 079-422-3566

日時 2019年 6月22日(土)~6月30日(日) 休み25日(火)
10:30~17:30

フリーハンドのお椀を彫る

栗の木と栃の木でフリーハンドのお椀を彫りました。
材を見極めながら、フリーハンドでお椀の口を描いていきます。
口径も厚みもすべて異なります。
1点ものばかりなので、持った感じ、口当たりがみんな違うのものですが、それぞれがいつか、求める人のところに届くことを願って彫っています。
工業製品的に、使いやすく、完成度の高い器を量産して安定供給することも大切なことですが、この世にひとつしかない気まぐれな器が、いつかぴったりと合う人と出会うことがあれば、これもまた楽しいことではないかと思います。
ひとつずつ手で彫って作ると言う作業だからできる器の役割は、こんなところにあるのかもしれません。

手彫りのお椀手彫りのお椀

 

 

 

 

 

 

 

2019年の栗の花の季節

工房は、2019年の栗の花の季節を迎えました。
およそコナラとシバグリの小さな雑木林に囲まれた工房は今、シバグリの花の真っ盛りです。
細く垂れ下がった白い花から放たれる、強い栗の花の匂いに工房は包まれています。以前は、決して良いとは言えないこの花の匂いがきつくて、けっこう気になりましたが、この工房で長く暮らしているとほとんど気にならなくなってしまいました。
むしろ、6月の梅雨の季節を連想させる、季節の風物詩のような香りで、このころは、近くの水田から田植え機の音が聞こえてきて、この香りが心地よい初夏の気分を味わせてくれます。
工房の木工仕事で使う木の6~7割りが栗の木で、工房をとりまく栗の木に囲まれて仕事をしていると、私が思い描いていた、自然と寄り添って生きる暮らしって、ささやかながらこんな感じでいいんじゃないかと、この風景にいつまでも見入ってしまう日々です。

クラフトデザイン展 IN 島根

私が所属しています、公益社団法人 日本クラフトデザイン協会の協力のもとで開催される、「クラフトデザイン IN  島根」に出展します。
2019年6月7月(金)~6月16日(日)の期間、島根県出雲市にあります「おかやギャラリー」にて開催されます。
「おかやギャラリー」さんは、出雲市で黒柿工芸品を中心に制作と販売をされている、協会の会員でもあるの岡英司さんが、運営されているギャラリーです。本年5月1日にリニューアルオープンされた美しいギャラリーでの展示会となります。
私は出品のみで、期間中在廊いたしませんが、機会がございましたらご高覧ください。
出展者は9名で、次の方々です。
岡本昌子(テキスタイル)、志賀英二(ガラス)、諏訪薫(ジュエリー)、田中陽三(木)、西川雅典(漆)、箱崎竜平(陶磁)、彦根愛(テキスタイル)、宮野知子(テキスタイル)、安井桂子(籐)

期間 2019年6月7月(金)~6月16日(日) 10:00~18:30
会場 おかやギャラリー 島根県出雲市斐川町直江4844-1

阪急うめだ本店でのワークショップ

2019年5月29日から6月4日まで、大阪 阪急うめだ本店にて「工房えらむの木の器のある暮らし展」を開催していただいているのですが、期間中のイベントとして、木のおつまみ皿を作るワークショップをさせていただきました。
クルミの木を彫って、コースターとしても使えるおつまみ皿を作っていただきました。
日頃は、お皿などを浅く彫るワークショップが多いのですが、今回は、少し深めのお皿に挑戦していただきました。
少し柔らかめのクルミ材によく研いだ彫刻刀を用意して、大きな彫刻刀を使うのは初めてと言う方がほとんどですが、すぐ馴れていただいて、彫る心地よさを楽しんでいただけたのではないかと思います。
みなさん丁寧に彫られ、お好みに応じて焼きペンでメッセージなどを添えられて、オリジナルのおつまみ皿を完成されました。
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
「工房えらむの木の器のある暮らし展」は、6月4日(火)まで、阪急うめだ本店10階スーク暮らしのアトリエにて開催中です。お時間ございましたらお立ち寄りください。