工房 えらむ

木の器と手織の工房

04月

第5回 ウッドワーカーズクラフト報告

2019年4月28日、29日に開催された、第5回ウッドワーカーズクラフトが終了しました。
 林業や木材利用の振興のための施設として運営されている、兵庫県立丹波年輪の里を会場に、木工家のみによるクラフトフェアが行われました。
今年は、近畿エリアを中心全国から約40名の木工家・材木販売の方が集まりました。
すべて木工関係者による展示会であり、そして木工好きのお客様の集まるイベントと言うことで、私は、ブース横の芝生広場にキャンピングテーブルと椅子をしつらえて、ひたすら、木工家同士のおしゃべりと、お客様との木工談義に、楽しくディープな2日間を過ごすことができました。
会場での公開制作を兼ねて、納期の迫るオーダー品の制作を予定していましたが、話に夢中になって、予定の半分ほどの数しかできず、ちょっと反省。
沢山のお客様や作家の方とお会いすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。運営スタッフの方々に感謝申し上げます。

5月1日からは、工房えらむの工房展が始まります(5月1日~5日まで 10:00~16:00)。
新緑の工房へお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

2019年 ゴールデンウイーク工房展開催

2019年5月1日(水)~5月5日(日)10:00~16:00に工房にて、「工房えらむ 工房展」を開催いたします。
毎年恒例となりました、ゴールデンウイークの工房展を開催します。
兵庫県小野市に廃材で工房を建築し、自然素材を使い、木の器と手織りの工房を始めて7年が過ぎました。
私たちは、定期的に工房をオープンしたり、ワークショップを開催するなど、地域に開かれた工房として活動しています。
ものづくりの好きな方、田舎暮らしや自然の好きな皆さんに気軽に訪問していただいて、楽しんでいただければと思います。
私たちが制作しております木の器と織の作品の展示販売と、 古いもの雑貨・古民具の販売もいたします。
新緑の工房へお気軽にお立ち寄りください。

会場 工房えらむ 兵庫県小野市万勝寺町792-7
電話 090-8930-6701

 

 

 

 

 

 

 

工房とキツネ

工房のある所は、兵庫県小野市の東の端に位置する、住宅や工場の点在する、農村地帯と言ったところですが、ごく稀にキツネの姿を見ることがあります。
一度は、工房の敷地の中を悠然と横切って行ったこともあり、なんとかこの姿を写真に収めてみたいと思っていましたが、ついに写真に収めることができました。
ごく稀にしか見ることができず、遠くを歩いていることが多いので、望遠撮影のできるデジカメでないと撮ることができないこともあり、なかなかチャンスがありませんでした。
そしてついに、工房の前のため池から野犬の時ならぬ鳴き声が聞こえ、その声の先の池の土手にキツネの姿があり、なんとか1枚撮影できました。
ピンぼけ写真ではありますが、はっきりとキツネの姿をとらえることができました。
今では数の少なくなったホンドギツネと思われますが、人里近くに現れる警戒心の強い野生動物の姿に、ここは豊かな自然の残るところと、単純に喜んでもいられないことかと、ふと思います。

優しいスプーンを彫る

先日、神戸三宮のさんちかホールでの合同展示会に出展していた際に、私のスプーンを気に入って使っているので、もう一本欲しくて買いに来ましたと言われる、お客様がお出でになりました。
過去にお買い求めいただき、愛用されて、スプーンを使う時はほとんどこれを使っているとおっしゃられ、本当に使い込まれたスプーンを見せてくださいました。それは、もともとベビースプーンとして作っていた、柄の短い、子供の口に合わせて、すくう部分を小さめに作ったものでした。
口当たりを優しくするために、緻密な桜の木を削り、柔らかいカーブに丸みを付けて、削り跡を丁寧に磨いて仕上げています。
このスプーンは、最近はほとんど作っていなかったので、お客様がお出でいただいた時も在庫しておらず、お渡しすることはできませんでした。
ご愛用頂いていることに感謝して、再作成をさせていただくことにしました。大人の方にも好評と言うことで、今回は柄を長くした、一般的なサイズのものも作ることにしました。
これまでと同様に、漆の抗菌作用を生かして、拭き漆塗りで仕上げます。

木のスプーン

 

 

 

 

 

 

 

 

第5回ウッドワーカーズクラフトに出展します

2019年4月28日~29日は、兵庫県立丹波年輪の里で開催される第5回ウッドワーカーズクラフトに出展します。
兵庫県立丹波年輪の里は、林業や木材利用の振興のための施設として運営されていることから、日頃から木工技術の指導を行ったり、木材に関する様々な取り組みがなされている施設です。
そんな、木材や木工と深いかかわりを持つ施設で、木工家のみによるクラフトフェアが行われます。木工家のみのクラフトフェアは、まだ全国的にも少ないようです。
今年は、近畿エリアを中心に40名の木工家及び材木販売の方が集まり、会場の芝生広場にて展示販売を行います。
今年も親しくしていただいている武田製材有限会社(三重県)さんが出展され、材木販売される予定になっています。
武田製材さんは、数多くの種類の木、めずらしい木、果物の木などを製材して販売していることで有名な方で、今年もどんな木に出会えるのか楽しみです。
糸鋸刃の販売、飲食の販売などもあります。
兵庫県立丹波年輪の里は、芝生広場と沢山の樹種の樹木に囲まれた大変気持ちの良い場所です。
ピクニック気分でお楽しみいただければと思います。

日 時 2019年4月28日(日)~4月29日(月)
28日/10:00~17:00  29日/9:00~16:00
会 場 兵庫県立丹波年輪の里 兵庫県丹波市柏原町田路102-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜とミツバツツジの花

昨日は快晴でしたが、今日は終日雨の一日。
それでも工房の桜は、開花が遅かったせいかまだ、ほぼ満開のまま頑張って咲いてくれています。
今年は、工房前に自生しているミツバツツジの開花が早くなっているようで、ほぼ満開状態。そして桜の花は開花が遅めで、少し寒い日が続いたこともあったせいか、桜の花も満開状態。工房前は、思いがけず桜とミツバツツジのとのツーショットが楽しめています。
工房の周りの木々は、ドラマチックに季節を演出してくれています。自然と寄り添いながら、自然素材を使ったモノづくりをしながら暮らしたいと始めた工房生活の支えとなってくれている、ささやかな贈りものの風景です。
写真は、快晴の昨日撮ったものです。

 

 

 

ぶなのスポルテッドの大皿を作る

木の器作りを仕事にして、これまでで一番大きな器を作りました。
予てより、お客様から大切にしている気に入った木を持っているので、これを器にしてほしいと言うご依頼をいただいておりました。
古いぶなの木で、長い年月の間に木材を腐らせる菌糸などが広がって、スポルテッドと呼ばれる、独特の染みや色の変化が美しい景色を作っている個性的な木です。
この模様を生かして、できるだけ大きなお皿を作ってほしいとのご要望で、これまでで一番大きな、縦76㎝、横45㎝、厚さ4㎝と言う大皿の制作を行いました。
いわば朽ちる寸前の木で、なかなか扱いの難しい木でもあり、ともかく大いこともあって作業は大変ですが、これだけの大物はある意味やる気をかきたてられ、道具を駆使して、なんとか仕上げることができました。
オイルを塗って仕上げると、宇宙の広がりを感じさせるような模様の皿が出来上がりました。
お客様には、とても喜んでいただけて、嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

2019年のさくら咲く

2019年、工房の桜が咲き始めました。
今年は、全国的に桜の開花が早まっていたようですが、工房の桜は、やっと咲き始めました。昨年より1週間程度遅い開花となりました。
兵庫県小野市郊外の少し高台に位置しているためか、小野市の中心部と比べても遅い開花となっています。
10数年前、工房建設のために買った土地の片隅に、最初に植えたのが桜の木でした。
近所のホームセンターで買った小さな苗木でしたが、10年ほどで4~5メートルの高さになり、しっかり花を付けるようになりました。
3月下旬には、妙に暖かい日があったかと思うと、ここしばらく寒い日が続いたりして、なかなか完全な春モードになれなかったのですが、さすがに桜の開花とともに、春モードに身も心も移れそうです。

 

 

 

「草原上の造形 30枚の板」参加者募集

私が所属している兵庫県小野市のアートグループ「アートプランおの」の2019年アート・プロジェクト、「草原上の造形 30枚の板」の参加者を募集しています。
募集定員まであとわずかとなりました。先着で若干名募集しています

【主催】 アートプランおの
アート・プロジェクト「草原上の造形 30枚の板」は、個人またはグループが共通の木材1by4材(183×9×2㎝)30枚を使って造形を行い、モニュメントやインスタレーションを公開制作し、兵庫県小野市のひまわりの丘公園多目的広場の芝生空間で競作するアートイベントです。(2日間で制作・6日間展示します)
【開催日程】
制作期間 5月11日(土)~12日(日) 9時~17時
展示期間 5月13日(月)~18日(土) 9時~17時
撤  収 5月19日(日)      9時~12時(表彰式)
【場所】
ひまわりの丘公園 多目的広場(指定エリア)兵庫県小野市浄谷町1545-321(R175沿い)
【内容】
公募した参加者10チーム(個人またはグループ)が共通の木材1by4材(183×9×2㎝)30枚を使って造形を行い、モニュメントやインスタレーションを公開制作し、作品展示します。表現形式は自由です。自由な発想、感性で制作してください。
【作品の規定】
・作品の大きさは、1区画5×5m=25㎡ に収まるもの。
・主催者が支給する板材1by4材(183×9×2㎝)30枚で制作するものとしますが、接合及び安全確保等に必要な部材の使用は差支えありません。
・野外展示に耐えうるもの(強い風雨に耐えるもの)
・見学者等に危険を及ぼさないもの、不快感を与えないものであること。
・着色は可能ですが、雨などで色落ちしないこと。
・稼働するものも可ですが、稼働域は指定区画の範囲内であること。
・5月10日(土)~11日(日)17時までの2日間で完成できること
・完成後の作品は、安全のためロープで作品エリアを区分し、来場者は作品に触れたり、立入ることは出来ません。
【制作参加費】
個人またはグループにつき3.000円
※中学生もしくは高校生のみでの参加は、参加費は無料
【制作補助】
1by4材(183×9×2㎝)30枚は無償提供します。(※制作のための工具、ネジ等の接合部材等は各自で用意してください。)
公園使用料、100V電源の使用料金は主催者で負担します
【その他】
・会期前に現地見学会・説明会を実施しますのでご参加ください。
・公開制作日までに準備、仮制作が必要な場合は、相談の上、事前に材料をお渡しすることもできます。
・イベント期間中の怪我・事故等につきましては、主催者はその責任を負いません。
【優秀作品の選定】
・2名の審査委員により最優秀作品を選定し、賞状及び副賞3万円を贈呈します
審査委員  新谷一郎(彫刻家) ・ 井上 直(アートプランおの代表・彫刻家)
・一般見学者による投票により、一番人気投票の高かった作品について、賞状及び賞品を贈ります
【応募方法】
A4サイズの用紙に、作品スケッチと説明文、又は文章による詳細な説明書を事務局 井上直まで、FAX・メールにて送付してください。
(代表者名・グループの場合は予定人数・住所・電話番号・メールアドレスを記載の上、提出してください)
【応募締切】
定員になり次第締め切ります。
【応募・問合わせ先】
アートプランおの事務局  井上 直まで
TEL/FAX 0794-63-4402  携帯090-2119-7156
E-mail gangan30※outlook.jp  ※は@に変更してメールしてください。