工房 えらむ

木の器と手織の工房

展示会

第59回 日本クラフト展出品作品

2020年1月6日より、所属している公益社団法人 日本クラフトデザイン協会主催の第59回日本クラフト展が、東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催され、本日終了しました。
日本クラフト展は、公募展ですが、私はクラフトデザイン協会の会員であるため、応募は無審査になります。
公募展への入選を目指して応募されてこられる作品を見るにつけ、その技量や熱量は本当に頭が下がります。
私も、入選できるまで10年ぐらいかかったと思いますが、5回の入選の後、会員に推挙していただき、無審査での応募となると、私の作品は質を落としているんじゃないかと、いつも自問します。
今年の私の出品作品は、「Swaying leaves plate」と言う名前のゆらゆら揺れるシンプルな木のお皿。
いつもの自身の木を彫って作る作品と180度趣向を変えた作品です。
人類最初の食器は、木の葉だったのではないかと言う思いを形にして、山桜の板を熱処理して曲げ、シンプルな皿にしました。
料理をどう盛付けるのか、箸を向かわせるたびに器と料理が揺れる、そんな緩やかに揺れるお皿に遊び心を盛付けて、食事やテーブルのコーディネートを楽しんでもらいたいと言う思いで作りました。
形状だけ見ると、手抜きな作りの器じゃないか、と言う声か聞こえてきそうですが、私なりにこのお皿になるまで、それなりに試行錯誤の制作を繰り返してたどり着いた器です。
大げさに言えば、エポックメイキングな器として提案してみたいと言う思いで作ってみました。こんな器を使ってみたいなと言う方がどこかにいらっしゃったら嬉しいなと思います。

 

 

 

 

第59回 日本クラフト展

今日2020年1月6日より、所属している公益社団法人 日本クラフトデザイン協会主催の第59回日本クラフト展(公募展)が東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催されます。
今年は「STORY」と言うテーマで、1月14日まで開催され、私もクラフトデザイン協会会員作品というかたちで作品を出展しています。
私が、日本クラフト展を初めて見に行ったのは、確か1990年ごろだったと思います。
手さぐりで木の器を作り始めた当時は、参考になる木の器を見たいと思っても、インターネットなどほとんど一般的ではなく、作家の個展に行くか、公募展を見に行くぐらいしかありませんでした。
当時日本クラフト展は、東京の松屋銀座店をメイン会場に、その後大阪の阪神百貨店に巡回して来ていたので、阪神百貨店に見に行くのが楽しみでした。
日本クラフト展の会場に展示されている作品は、どれもスタイリッシュで洗練されたものばかりで、とても刺激的でした。
いつか、この会場に自分の作品も並べることができるだろうかと、製作を続け、2001年に初入選することができました。5回の入選の後、クラフトデザイン協会の正会員へ推挙いただいたことから、2007年より会員として活動しています。
会員になると、日本クラフト展への出展は、無審査になるのですが、公募で応募されてくる素晴らしい作品を見るにつけ、私のこんな作品ではだめじゃないかと、自らの作品のレベルを問われる機会になっているのが、正直なところです。
今年の出展作品は、会期終了後にネット公開させていただきたいと思います。
機会がございましたら会場へ足をお運びください。

期間 2020年1月6日~1月14日 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーを定期Openしています。
今週末は、2019年12月、今年最後の工房Openとなります。
2019年12月の工房Open日は、12月21日(土)、22日(日)、23日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品や小物雑貨と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
冬の訪れとともに工房の周りの木々は、すっかり葉を落とし、工房前は落ち葉の絨毯状態です。
乾いた空気感とともに、さくさくと踏みしめる落ち葉の感触は、遠い過去に忘れていたものを蘇らせてくれるような、心地よさを感じます。
例年に比べると、工房周辺は比較的温暖な冬の日々ですが、工房内はやはり寒いので、薪ストーブでやさしく暖めています。
工房の見学のみ、おしゃべりのみの方も歓迎いたします。
冬の工房へ、お気軽へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーを定期Openしています。
今週末は、2019年11月の工房Openとなります。
2019年11月の工房Open日は、11月16日(土)、17日(日)、18日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の周りの木々は、まだ紅葉を感じさせるほどではありませんが、夕方ともなると、色鮮やかな夕日が工房を染めて、秋の深まりを感じる今日この頃です。
工房の見学のみ、おしゃべりのみの方も歓迎いたします。
晩秋の工房へ、お気軽へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーを定期Openすることにしているのですが、9月はお休みをいただいておりました。
今週末は、2019年10月の工房Openとなります。
2019年10月の工房Open日は、10月19日(土)、20日(日)、21日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の建物の正面には、大きなシバ栗の木が自生しているのですが、先日の台風の影響もあって、実はすっかり落ちてしまいました。
いつも落ちるにまかせている栗の実ですが、今年は、実の程よい時期に、親しい木工家家族にシバ栗拾いを楽しんでもらうことができました。
こんな秋の小さな林の工房へ、お気軽に工房へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌「月間 MOE」に豆皿を掲載していただきました

2019年10月3日発売の雑誌「月刊 MOE」11月号に、工房えらむの木の豆皿を掲載していただきました。
「月刊 MOE(モエ)」は、絵本のある暮らしを提案する月刊誌で、人気の作家さんや絵本・人気キャラクターをテーマとした巻頭特集を中心として、アート・映画・旅・ハンドメイド雑貨・スイーツなど、旬の情報をお届けされている雑誌です。
「コレクションしたくなる!かわいい豆皿」と言うタイトルで、人気の陶器の豆皿と一緒に、工房えらむのクルミと栗の木で作った豆皿を紹介していただきました。
こうした雑誌に紹介していただくことで、多くの方に木の豆皿を知っていただけることを、とても嬉しく思います。
機会がありましたら、本誌をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリー住吉倶楽部「秋爛漫」展

9月9日~30日まで、木の器作品を常設で販売していただいている、神戸市東灘区のギャラリー住吉倶楽部さんでの企画展、「秋爛漫」展が開催され、秋の暮らしを彩る作品を出品販売いたします。
「秋爛漫」をテーマに服飾、アクセサリー、陶磁器の作家の方々の作品とともに、私は、陶磁器に合わせた木の器やお盆、茶托など新作を中心に出品します。
神戸からも大阪からもアクセスの良い、JR住吉駅から北へ3分の大変便利なギャラリーです。
駅から北へすぐのところに、住吉倶楽部さんのクラフト中心のShopがあり、こちらは、作家ものの器などを中心に販売されています。次の角を曲がった先にギャラリーがあり、企画展メインの展示スペースになります。
期間中、私は在廊しませんが、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ギャラリー住吉倶楽部 兵庫県神戸市東灘区住吉本町1-5-1-103  ホームページ
期間 2019年9月9日(月)~9月30日(月) 11:00~19:00  水曜定休日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーを定期Openすることにしているのですが、ここしばらくの間、イベントへの出展等により、お休みをいただいておりました。
今週末は、久々の工房Openとなります。
2019年7月の工房Open日は、7月20日(土)、21日(日)、22日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房のある地域も御多分にもれず、ここしばらく梅雨空と曇天の日々でしたが、ようやく晴れ間ものぞき、セミの声が聞かれるようになりました。
工房の周りの木々は、梅雨の雨の水分をたっぷり吸って、濃い緑の林となっています。そして戻ってきた日差しに力を得て、どんどん成長して、工房の建物を覆いつくそうとしているかの勢いです。
夏の小さな林の工房へ、どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

2019年の後半に向けて始動

2019年、春から初夏にかけて慌ただしく展示会を重ねていきましたが、6月末で一区切りとなりました。
4月の「丹波ウッドワーカーズクラフト」に始まって、5月は、「工房えらむ工房展」「ひめじアーティストフェスティバル」「阪急うめだ本店 暮らしのアトリエ 工房えらむの木の器のある暮らし展」、6月は「クラフトデザイン展in島根(おかやギャラリー)」「工房えらむ 木の器と織展(器と雑貨moi)」と、私にとっては少し過密スケジュールでした。
7月に入って少しゆっくりしたいところですが、9月には木の器の大きな企画展を予定していただいているので、オーダー品の制作と平行しながら、秋に向けて始動となりました。
このような状況で、毎年10月に地元、兵庫県丹波市で開催される「アート・クラフトフェスティバルinたんば」に、初めての出展以来休むことなく20年以上参加してきたのですが、今年は参加を取りやめることにしました。
私たちの、今日の活動の礎となったクラフトフェアであることは間違いなく、今こうして少し忙しく仕事をさせていただいているのも、このクラフトフェアとのおかげと思っています。
いろいろな思いを抱きながら、よい作品をお届けできるよう2019年の後半に向けて頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

器と雑貨 moiへの搬入

2019年6月22日(土)から6月30日(日)まで、兵庫県加古川市にあるおしゃれなお店「器と雑貨 moi」にて、工房えらむ 木の器と織展を開催させていただきます。
今日は作品を搬入してきました。
木の器は、漆塗りの皿、鉢、お椀などとともに、オイル仕上げのパン皿やカッティングボード、カトラリーなども少し多めに展示販売します。
織作品は、織衣、マフラー、鞄、アクセサリーなどを展示販売します。
お店には、私たちの作品以外にも素敵な雑貨や器が販売されています。お気軽にお立ち寄りください。

器と雑貨 moi  兵庫県加古川市北在家2482 TEL 079-422-3566
期間 2019年 6月22日(土)~6月30日(日) 休み 25日(火)  10:30~17:30

6月29日(土) 13:00~15:30には、クルミの木を彫って6角形のお皿を作るワークショップを開催します。
6角形のお皿 約12×12×厚さ1.5センチ
参加費 材料費税込み3.240円 定員6名
参加ご希望の方は、器と雑貨 moiさん(TEL 079-422-3566) へ直接お申し込みください。