工房 えらむ

木の器と手織の工房

展示会

2018年7月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。
2018年7月の工房Openは、7月21日(土)、22日(日)、23日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
近畿地方の梅雨明けとともに、工房内の温度計も30度を超えて、大変暑い日々が続いています。
工房の周りの木々は、先日の豪雨でたっぷり水分補給して、梅雨明けの強烈な日差しを受けて、元気いっぱいの様子です。
工房に植えたオニグルミの実も、例年より早いペースで実を大きくしているような気がします。
暑い日々が続きますが、よろしければお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

酒蔵「ふく蔵」さんでの常設販売

兵庫県加西市の酒造会社 株式会社富久錦さんのギャラリー「ふく蔵」にて、作品の常設販売をしていただけることになり、納品に行ってきました。
以前から陶芸家の方との合同展示会などでお世話になっている、「ギャラリーふく蔵」さんで、かねてより作品を一部常設販売していただいていたのですが、販売コーナーの整理のため、常設販売をお休みされていましたが、あらためて販売の再開していただけることになりました。
加西市の郊外にある酒蔵は、美しい屋敷に囲まれたとても落ち着いた、雰囲気のある場所です。
酒蔵である「ふく蔵」は、お酒の販売の販売はもちろんのこと、季節の食事もできます。
株式会社富久錦のお酒のラベルやロゴマークなどのCI.ブランディングは、世界的に有名なグラフィックデザイナー・アートディレクターの北川一成さんによるもので、なかなかおしゃれな雰囲気もあります。
現在、ギャラリーコーナーでは、親しくしていただいている、木工家の永瀬浩之・水晴(籐工芸)ご夫妻と陶芸家の伊藤岱玲・花青ご夫妻による「丹波の手仕事 四重奏(カルテット)」が7月16日まで開催されています。素敵な展示会になっていますのでぜひご覧ください。
私の作品の常設販売は、カッティングボードや豆皿だけですが、よろしければ手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

2018年6月の工房Openのお知らせ

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーを定期Openしていますが、4月、5月とお休みをいただいておりましたが、6月より再開いたします。
2018年6月の工房Open日は、今週末の6月16日(土)、17日(日)、18日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、手織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の周りの木々は、今だ年々成長を続け、梅雨時ともなり、しっかり伸びきった葉がうっそうと茂り、工房を包み込んでいます。
地元の田植えの時期になると咲くシバグリの花も満開状態です。
どこにでもある里山の風景ですが、初夏の雰囲気を楽しんでいただければと思います。
どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

キャプションを楽しむ

5月3日~6月2日まで開催していました、文庫カフェ・ギャラリーSoukano(草加野文庫)での工房えらむ(木工)の「木のぬくもり展」が終了しました。
「木のぬくもり展」では、販売を目的とせず、普段あまりお目にかけることがなかった、器や木のおもちゃ、アート作品的なものなどを中心に展示しました。お出でいただいた皆さまありがとうございました。
文庫カフェ・ギャラリーSoukanoは、工房から車で6~7分ぐらいのところにある蔵書約1万冊の本好きのオーナーさんが、最近始められたギャラリーということで、キャプションをあえて作らず、展示作品にちなんだ、私の持っている本やCDをキャプション代わりに添えました。
楠の節穴の開いた大鉢に添えたのは、田村隆一さんの「詩人のノート」。廃材で作った鞄には、角田光代さんの「恋するように旅をして」。
タム帽子をモチーフにした器とアキーの実の小物入れは、「ボブ・マーリー」のCDを添えました。
作品と私の好きな本やCDとの連想ゲームを楽しんでいただければと言う思いの展示でした。この組み合わせには、オーナーさんも興味を持っていただいたようで、このような自由で楽しい展示機会をいただいたオーナーさんに感謝です。

 

 

 

 

 

 

ぎゃらりーゆふ 2018年個展の搬入

2018年5月26日より6月3日まで、神戸市須磨区のギャラリー「ぎゃらりーゆふ」にて、工房えらむの染織と木の器と、ガラス作家の山口美妃さんとともに個展をさせていただきます。
今日は、「ぎゃらりーゆふ」へ作品の搬入に行ってきました。
工房えらむからは、田中陽三の手彫りの木の器作品、皿、椀、盆、重箱、カトラリー、カッティングボードなどを出品。田中雅子は、手織り布作品、マフラー、服、バッグ、テーブルセンターなどを出品。
ガラス作家の荒川尚也氏の下で修業された山口美妃さんは、ガラスのアクセサリー作品、ピアス、ブローチ、ネックレス、ピンバッジなどを出品されます。
個展のタイトル「爽風 硝子・染織・木の器展 涼やかな風が運んだ贈り物」と言うことで、楽しい作品が並びました。
すべて販売いたします。お時間がございましたらご高覧ください。

日時 2018年5月26日(土)〜6月3日(日) 10:00〜18:00 期間中は休み無し
会場 ぎゃらりー ゆふ 兵庫県神戸市須磨区竜が台6-14-6
神戸市営地下鉄  名谷駅下車 南へ徒歩8分
TEL    078-791-7748

 

 

 

ぎゃらりーゆふ にて2018年個展

2018年5月26日より6月3日まで、神戸市須磨区のギャラリー「ぎゃらりーゆふ」にて、工房えらむの染織と木の器と、ガラス作家の山口美妃さんとともに個展をさせていただくことになりました。
「ぎゃらりーゆふ」さんには、独立して間もない私たちに、企画展としての個展の場をいただき、これを足掛かりにして、なんとか今日まで活動をつづけてこられることができました。
この度もありがたい機会をいただき、同ギャラリーでは3年ぶりの個展です。
個展のサブタイトルは、「爽風 硝子・染織・木の器展 涼やかな風が運んだ贈り物」と言うことで、この日のために用意した新作などを交えながら、楽しんでいただけるものを展示販売したいと思います。
お時間がございましたらご高覧ください。

日時 2018年5月26日(土)〜6月3日(日) 10:00〜18:00 期間中は休み無し
会場 ぎゃらりー ゆふ 兵庫県神戸市須磨区竜が台6-14-6
神戸市営地下鉄  名谷駅下車 南へ徒歩8分
TEL    078-791-7748

 

 

 

 

 

 

 

ひめじアーティスト フェスティバル2018準備

明日、2018年5月19日から20日は、「ひめじアーティスト フェスティバル」が開催され、出展します。
今日は、明日から始まるフェスティバルの準備のため、前日のテント設営に行ってきました。
地元、兵庫県で、工房から1時間で行ける会場なので、仕事の合間に会場へ行って、テントを張って、また工房に戻って仕事ができるので、とてもリラックスして参加できます。
久しぶりに顔を合わせる、作家の方々と談笑しながら、準備するのも楽しいものです。
全国から145名のクラフト作家の方が集まります。
平成の大修理で美しくなった国宝姫路城を背景に催されるクラフトフェアに、お時間ございましたらお立ち寄りください。
「工房えらむ」はブース番号№62で出展しています。
みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

日時 2018年5月19日(土)~20日(日)
19日 10:00~17:00   20日 9:00~16:00
会場 兵庫県姫路市 姫路城北側 シロトピア記念公園


 

 

 

 

 

 

ひめじアーティスト フェスティバルに出展します

来週末、2018年5月19日(土)から20日(日)は、「ひめじアーティスト フェスティバル」が開催され、出展します。
地元兵庫県で、工房から1時間で行ける姫路城の公園が会場なので、とてもリラックスして参加できます。
クラフト好きのお客様や、久しぶりに顔を合わせる作家の方々と談笑するのも楽しみのひとつです。
今回は、クラフトの各種ジャンルの作家の方が、全国から145名集まります。
「工房えらむ」の展示ブースはでブース番号№62で出展しています。
平成の大修理で美しくなった国宝姫路城を背景に催されるクラフトフェアに、お時間ございましたらお立ち寄りください。
みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

日時 2018年5月19日(土)~20日(日)   ホームページ
19日 10:00~17:00   20日 9:00~16:00
会場 兵庫県姫路市 姫路城北側 シロトピア記念公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の工房展 終了しました。

2018年の工房えらむの工房展が終了しました。
期間中は、本当に沢山の方に工房にお出でいただき、ありがとうございました。
お出でいただいたのに、ゆっくりお話もできず、充分な対応ができなかった方には、本当に申し訳ございません。
工房展は、毎月の第3土、日、月曜の工房定期Openとどう違うのかと言われると、答えに困るところもあるのですが、当工房ができたのが4月という事で、ゴールデンウイークの工房展は、ある意味、工房の誕生会、創業祭のようなものと思っています。
工房が誕生したこの季節の、新緑の木々に囲まれた工房で、お客様に工房のことを感じ、体感していただきたいと言う思いでお迎えしています。
来られたお客様からお花をいただいたり、綿の実をいただいたりもして、この日を特別な日として感じていたでいていることもとても嬉しく感じます。
また、親しくしていただいている木工家、陶芸家、画家、彫刻家の方も来ていただいて、プロのクリエイターの方からもいろいろ激励いただけたことも嬉しく思います。
6月から工房定期Openも再開予定です。また、お気軽にお立ちよりください。


 

 

 

 

 

 

木のぬくもり展

明日、2018年5月3日から工房えらむの「工房展」が始まりますが、同時進行で、5月3日~6月2日までの木曜、金曜、土曜に文庫カフェ・ギャラリーSoukano(草加野文庫)で工房えらむ(木工)の「木のぬくもり展」を開催します。
文庫カフェ・ギャラリーSoukanoは、工房から車で6~7分ぐらいのところにあるギャラリーで、文庫をされているオーナーさんが、最近始められたギャラリーです。
「木のぬくもり展」では、販売を目的とせず、普段あまりお目にかけることがなかった、器や木のおもちゃ、アート作品的なものなどを中心に展示しています。
ぜひこちらの方も併せてご高覧いただけましたらと思います。
アクセスは、下記ギャラリーの住所をカーナビに入力していただくと、ほぼ目的地に到着します。

期間 2018年 5月3日~6月2日までの木曜、金曜、土曜Open

会場 文庫カフェ・ギャラリーSoukano(草加野文庫)
住所 兵庫県小野市大開町415-40
電話 0794-63-6264
携帯 090-5135-4205(オーナーの藤原さん)