工房 えらむ

木の器と手織の工房

展示会

2018年1月の工房Open

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。(お休みの場合もあります)
今年最初となります2018年1月の工房Openは、1月20日(土)、21日(日)、22日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
連日寒い日が続き、工房の周りの落ち葉も霜で真っ白になったり、霜柱ができたりと、すっかり真冬の風情です。
冬になると、工房にはいろいろな野鳥がやって来ます。木々が葉を落とした冬場は、飛び交う野鳥を観察するにはもってこいの季節です。双眼鏡を用意していますので、気軽に野鳥観察もお楽しみください。
どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。

なお、2月の工房Openはお休みいたします。


 

 

 

 

 

 

重曹染めによる木の器

2018年1月6日~1月14まで第57回日本クラフト展が東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催されています。
公益社団法人 日本クラフトデザイン協会が主催しているクラフトの公募展ですが、私は協会会員作品というかたちで作品を出展しています。
私の今年の作品は、「重曹染めの器」と題して、栗の木で作った細長い器に、重曹で模様を染めた器を出品しています。
栗の木のタンニンと料理であく抜きなどに使う調理用重曹、いわゆるタンサンを水で溶いて、重曹のアルカリ成分とを反応させて、茶色い染め模様をつけたものです。
模様付けには、白木の栗の器に和の雰囲気を出してみたいと言う思いで、竹の繊維を細かく裂いて作った竹筆を使い、重曹液を弾力のある竹筆で勢いよく模様を入れてみました。
模様が消えないよう食品衛生法に適合したウレタン含有の植物油を主成分としたウレタンオイルを浸透させています。
食品用で濃度の調節がしやすい重曹を使ったはじめての試みですが、模様の付け方や表現の仕方など、まだまだ改善の余地があると感じました。
日本クラフト展は、全国から素晴らしい作品がたくさん集まっています、機会がございましたらご覧ください。

重曹で染めた栗の木の器

 

 

 

 

 

 

2018年 新年明けましておめでとうございます

2018年 新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年の前半は、いくつかの展示会を中心に活動します。
1月の東京ミッドタウンでの日本クラフト展の作品展示からスタートし、2月には東京ドーム・テーブルウェアフェスティバル2018にて、同展2017年の器とテーブルコーディネートのコンペ受賞者によるコラボレーション展示を行います。
また、2月には陶芸家の大杉康伸さんと京都福知山市のカフェにて展示会。
5月には神戸市須磨区のギャラリーにて個展を予定しています。
今年は、いろいろな角度から工房えらむの作品を提案していきたいと思います。
そして今年も、痒い所に手が届くオーダーにお応えしながら、ワークショップでみなさんと木を使ったモノづくりを一緒に楽しんでいきたいと思います。

(張り子は、はりこ工房葉紙屋 大中美佳さんの作品)

 

 

第57回 日本クラフト展に出展

来年2018年1月6日~1月14まで開催される、第57回日本クラフト展に出展いたします。
所属している公益社団法人 日本クラフトデザイン協会主催のクラフト公募展が東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催されます。
今年は「クラフトNEXT」と言うタイトルで開催され、私は協会会員作品というかたちで作品を出展しています。
私が、日本クラフト展を初めて見に行ったのは、確か1990年ごろだったと思います。
当時、いつかプロになりたいと言う思いから、独学故いろんな作品を見ることが何よりの勉強の場でした。
その頃は、インターネットなどほとんどなく、私が木の器作品を目にする機会は、作家の個展に行くか、公募展を見に行くぐらいしかなかったこともあって、日本クラフト展は、東京の松屋銀座店をメイン会場に、その後大阪の阪神百貨店に巡回して来ていたので、それを見に行っていました。
展示されている作品は、どれもスタイリッシュで洗練されたものばかりで、とても刺激的でした。
いつか、この会場に自分の作品も並べることができるだろうかと、製作を続け、2001年に初入選することができました。5回の入選の後、クラフトデザイン協会の正会員へ推挙いただいたことから、2007年より会員として活動しています。
会員になると、日本クラフト展への出展は、無審査になるのですが、公募で応募されてくる素晴らしい作品を見るにつけ、最近は、この公募展で自らの作品のレベルを問われる機会になっているのが、正直なところです。
新年の作品展示はここからスタートします。機会がございましたらご覧いただけましたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。(お休みの場合もあります)
今年最後となります2017年12月の工房Openは、12月16日(土)、17日(日)、18日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の周りの木々もすっかり葉を落とし、工房前は落ち葉の絨毯状態です。最近は日常の暮らしの中で、落ち葉を踏みしめて歩くことはほとんどなくなりました。
工房前のわずかな空間ですが、地面を覆った乾いた落ち葉を踏みしめて歩く心地よさは、過ぎ去った遠い昔に誘われるような、なつかしい気持になります。
寒くなりました。薪ストーブに火を入れてお待ちしております。
どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。


 

 

 

 

 

 

Angersの小さなうつわ市

日頃制作している栗の木の豆皿の漆塗りバージョンを販売していただくことになりました。
クックパッドさんが運営されているアンジェ web shopが、第2回目となるPOP UP SHOP「angersの小さなうつわ市 = お正月の縁起もの =」を開催されます。
販売される豆皿は、梅、木瓜、亀甲、富士山の4種類で朱漆と黒漆の2色です。
2日間限定ですが、実店舗にて、販売していただくことになりました。
WEB企画「お正月特集」と連動し、全国各地の作家さんや窯元から人の集まる年末年始のシーズンに揃えておきたい豆皿などのうつわや縁起ものたちを集めた内容になっています。

2017年11月25日(土)10:00〜19:00
2017年11月26日(日)10:00〜19:00
※当日は現金のみの取り扱いとなります。
※ラッピング不可となりますことをご了承ください。

会場:中目黒 river side gallery 中目黒駅から徒歩2分
住所:東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンション1F
※1回目とは異なる会場となります。
※当日連絡先:080−2181−9710(当日営業時間のみ)

小さなうつわ市ホームページ

漆塗り豆皿

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。
2017年11月の工房Openは、11月18日(土)、19日(日)、20日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の周りの木々も少し色づいて、秋の深まりを感じます。
工房の近くには、いくつかのイチョウの木があるのですが、黄色く色づいて、太陽に照らされると黄金色に輝いてとっても美しいです。
これもピークが過ぎるとあっという間に散ってしまいますが、色鮮やかな黄色の絨毯もまたいいものです。
最近、工房の敷地内にもイノシシが来ているようで、落ちていたドングリやシバ栗の実をせっせと食べていったようです。
そろそろ冬支度、どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

2017年10月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。
2017年10月の工房Openは、10月21日(土)、22日(日)、23日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
夏の余韻を引きずっていたかのような、少し暑い日々も終わったかと思うと、最近は連日の雨模様。
工房ではここ数日ほとんど、太陽を見ていないい日々が続いています。
今日はやっと晴れ間がのぞいたかと思うや、午後には曇り空から、夜には雨模様に。
連日の雨続きで、工房の周辺には、よく判らないキノコがいっぱい生えてきて、不思議な光景になっています。
10月と言えば、穏やかな、過ごしやすい季節のはずなのですが、ここ数年は穏やかな良い季節と言うのが少なくなってきたような気がします。
どうぞお気軽に工房へお立ち寄りください。


 

 

 

 

 

 

アート・クラフトフェスティバルinたんば2017報告

アート・クラフトフェスティバルinたんば2017が終了しました。
今年は、例年になく2日間好天に恵まれて、フェスティバル開始と同時に大勢のお客様が来場され、会場はとても賑やか。
沢山のお客様にブースを訪ねていただきました。
今回は、ゴールデンウィークのイベントで、テントが突風で壊れたこともあって、白いテントに新調しての出展でした。
快晴の空の下、おろしたての白いテントにケヤキの木のシルエットが映えて、とても気持ちの良いイベントスタートが出来ました。
ブースでは、納期の迫っている仕事を公開制作を兼ねて、豆皿彫りをしていましたが、おかげで沢山の方から質問やお話をいただき、作品に関心を持たれたお客様との良い出会いのきっかけになりました。
ずっと公開制作をしていたかと言うと、日頃ほとんどしゃべらず工房にこもって仕事をしていると、ブースに来てくださったお客様や作家の方との話が楽しくて、ほとんどしゃべって過ごしていたかもしれません。
お出でいただいた皆さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アート・クラフトフェスティバルinたんば2017の会場設営

今日は、明日2017年9月30日から、兵庫県立丹波年輪の里で2日間開催されるアート・クラフトフェスティバルinたんば2017の会場設営のお手伝い。
運営スタッフをしている訳ではないのですが、数年前、会場設営ボランティアの募集があった際に、会場に近いこともあり、ボランティアの申し出をして以来、出展に際しては、会場設営と撤収のボランティア要員となっています。
準備は、テント設営や、看板の設置、資材の運搬など作業は大変ですが、お祭りの前日のようで、楽しい気分になります。
なかなか天候に恵まれないことの多い丹波でのフェアですが、今年は準備を含め、良い天候のようで、快晴の汗ばむ中での作業でした。
明日からの開催ですが、午後には、公園内の通路沿いは、全国から集まった出展者のテントでほぼ埋め尽くされ、おおむね会場は出来上がっていました。
2日間、天候も安定しているようです。ピクニック気分でクラフトフェアをお楽しみだければと思います。

アート・クラフトフェスティバルinたんば2017ホームページ