工房 えらむ

木の器と手織の工房

展示会

阪急百貨うめだ本店 10Fスーク暮らしのアトリエ セレクト作家で出展

大阪の阪急百貨店 うめだ本店10階にある、スーク暮らしのアトリエにて、工房えらむの器作品を少しですが常設販売していただいているのですが、5月29日(水)より6月4日(火)まで、セレクト作家としてコーナーをいただき出展させていただくことになりました。
父の日にちなんだ作品などを中心に、漆塗りの器、お盆、プレートなどを展示販売いたします。
大阪エリアで、工房えらむの新作を含めた、少しまとまった作品を見ていただく機会となりました。阪急うめだ本店は、非常に交通の便の良いところにありますので、お時間ございましたらお気軽にお立ち寄りください。
また、このイベントの在廊も兼ねて、5月29日(水)と6月1日(土)に同会場で、クルミの木を彫っておつまみ皿を作るワークショップもさせていただきます。
現在、参加者を募集中です。ご希望の方は、お申込みWEBサイトにて、お申込みください。
ワークショップお申込みWEBサイト

ワークショップのおつまみ皿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひめじアーティストフェスティバル2019終了しました

2019年5月18日から19日に開催された、「ひめじアーティスト フェスティバル2019」が終了しました。
私のブースでは、相変わらず作業台を持ち込んで、納期の迫る仕事をやりながらの、出展となりました。これが意外とと公開制作のような効果があって、多くの方から、道具や刳りものについてたずねられたりして、私の作品に興味を持っていただく機会となっていたように思います。
最近、木工ジャンルでは、木の器を出展される方が多くなったのですが、私のように主に漆を使った器を出展する人は、年々減っていく傾向で、今年は本当に少なかったと思います。かと言って、私の漆塗りの器が売れるかと言うと、ほとんどそうでもないのですが、やっぱり漆塗りの器は味があっていいねと言うことばをかけてくださる方々に支えられて、まあなんとかこの路線を中心に頑張って行こうと思う機会になりました。
公園側の事情で、各ブースのテントの固定にペグを打つことができないという事で、テントの固定は各自が用意した重りだけが頼りという、少々不安な中で、時折吹く突風に作品を飛ばされたりしながらも、スタッフの方々の献身的な運営により、とても楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。 期間中は、本当にたくさんの方とお会いし、いろいろな出会いの機会をいただきました。
沢山のお客様、作家の方々、運営スタッフの皆様、本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

ひめじアーティスト フェスティバル2019に出展します

今週末、2019年5月18日(土)から19日(日)は、「ひめじアーティスト フェスティバル」が開催され、出展します。
最近は、野外イベントは、地元兵庫県内で開催されるクラフトフェアしか行かなくなったのですが、今回も工房から1時間で行ける姫路城の公園が会場で、リラックスしての参加です。
クラフトフェアの楽しみのひとつは、クラフト好きのお客様や、久しぶりに顔を合わせる作家の方々と談笑するひと時です。
今回は、クラフトの各種ジャンルの作家の方が、全国から156名が集まります。「工房えらむ(木の器)」の展示ブースは、ブース番号№83で、会場のほぼ中央部に出展しています。
美しい国宝姫路城を背景に催されるクラフトフェアに、お時間ございましたらお立ち寄りください。
みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

日時 2019年5月18日(土)~19日(日)   ホームページ
18日 10:00~17:00   19日 9:00~16:00
会場 兵庫県姫路市 姫路城北側 シロトピア記念公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

草原上の造形 30枚の板展

私が参加しているアートグループ「アートプランおの」(兵庫県小野市)が実施する「草原上の造形 30枚の板」アートプロジェクトは、現在開催中です。
1×4材(9×183×2㎝)30枚を使ったモニュメント、インスタレーション作品を兵庫県小野市の「ひまわりの丘公園」にて公開制作と展示を行うというもので、 10組のアート作品が並びました。
今年で3回目を迎えるアートイベントで、過去2回、私も個人で作品制作していたのですが、自身の仕事が忙しくなって、今年は運営の裏方として、来場者と作る「宇宙」をテーマとした作品制作ワークショップをしていました。
今年も、楽しく素晴らしい作品がそろいました。
明日、5月15日(水)は、私は会場当番として10:00~17:00まで、納期の迫った仕事をしながら会場に常駐しています。
期間中は、見学者の人気投票で賞を決める投票アンケートも実施しています。
みなさんの来場をお待ちしております。

会場 兵庫県小野市浄谷町「ひまわりの丘公園」(国道175号線沿い)
展示期間 2017年5月13日~5月18日

2019年ゴールデンウイーク工房展終了しました

2019年の工房えらむのゴールデンウイーク工房展が終了しました。
期間中は、ネット告知を見ていただいた方、新聞の案内を見ていただいた方、ご近所の方など、沢山の方に工房にお出でいただき、ありがとうございました。
何故か不思議とお客様が来られるタイミングが重なる傾向があって、お出でいただいたのに、ゆっくりお話もできず、充分な応対ができなかった方には、本当に申し訳ございませんでした。
工房の建物を雑誌で見て、ぜひ自らのアトリエを自分で建てるぞと固い決意を語っていただいた方、木の器作りや木工を楽しんでおられる方、見立てとして使えるお茶の道具を探しに来られた方、また、親しくしていただいている木工家家族、過去に個展でご一緒させていただいた方、画家の方など、プロのクリエイターの方もお出でいただき、いろいろなお話をさせていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。
お出でいただいた皆さまにお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

第5回 ウッドワーカーズクラフト報告

2019年4月28日、29日に開催された、第5回ウッドワーカーズクラフトが終了しました。
 林業や木材利用の振興のための施設として運営されている、兵庫県立丹波年輪の里を会場に、木工家のみによるクラフトフェアが行われました。
今年は、近畿エリアを中心全国から約40名の木工家・材木販売の方が集まりました。
すべて木工関係者による展示会であり、そして木工好きのお客様の集まるイベントと言うことで、私は、ブース横の芝生広場にキャンピングテーブルと椅子をしつらえて、ひたすら、木工家同士のおしゃべりと、お客様との木工談義に、楽しくディープな2日間を過ごすことができました。
会場での公開制作を兼ねて、納期の迫るオーダー品の制作を予定していましたが、話に夢中になって、予定の半分ほどの数しかできず、ちょっと反省。
沢山のお客様や作家の方とお会いすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。運営スタッフの方々に感謝申し上げます。

5月1日からは、工房えらむの工房展が始まります(5月1日~5日まで 10:00~16:00)。
新緑の工房へお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

第5回ウッドワーカーズクラフトに出展します

2019年4月28日~29日は、兵庫県立丹波年輪の里で開催される第5回ウッドワーカーズクラフトに出展します。
兵庫県立丹波年輪の里は、林業や木材利用の振興のための施設として運営されていることから、日頃から木工技術の指導を行ったり、木材に関する様々な取り組みがなされている施設です。
そんな、木材や木工と深いかかわりを持つ施設で、木工家のみによるクラフトフェアが行われます。木工家のみのクラフトフェアは、まだ全国的にも少ないようです。
今年は、近畿エリアを中心に40名の木工家及び材木販売の方が集まり、会場の芝生広場にて展示販売を行います。
今年も親しくしていただいている武田製材有限会社(三重県)さんが出展され、材木販売される予定になっています。
武田製材さんは、数多くの種類の木、めずらしい木、果物の木などを製材して販売していることで有名な方で、今年もどんな木に出会えるのか楽しみです。
糸鋸刃の販売、飲食の販売などもあります。
兵庫県立丹波年輪の里は、芝生広場と沢山の樹種の樹木に囲まれた大変気持ちの良い場所です。
ピクニック気分でお楽しみいただければと思います。

日 時 2019年4月28日(日)~4月29日(月)
28日/10:00~17:00  29日/9:00~16:00
会 場 兵庫県立丹波年輪の里 兵庫県丹波市柏原町田路102-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛騨の家具工房展+兵庫クラフトの手仕事展が終りました

2019年3月14日(木)~19日(火)まで、神戸市三宮のさんちかホールにて開催された「飛騨の家具工房展+兵庫クラフトの手仕事展」が終了しました。
飛騨の工房家具作家5名の方をメインに開催される展示販売イベントに、兵庫のクラフト作家6名(陶芸・木工・織り・張り子・ガラス)がご一緒させていただくイベントとして参加させていただきました。
イベントは、1日10時間で6日間の、私たちにとって久々の長丁場でしたが、沢山の素晴らしい木の家具や調度品に囲まれながら、アットホームな雰囲気の作家の方々とともに、とても楽しく過ごすことができました。
交通の便が良い会場という事もあって、終日沢山のお客様の来場をいただき、いろいろな出会いの機会もいただきました。
また、飛騨の家具作家の方、兵庫のクラフト作家の方といろいろ楽しいお話をさせていただき、これもまた楽しい時間でした。
ご来場いただいたお客様、このような機会をいただいた飛騨の家具作家の方々、兵庫のクラフト作家の方々に感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

 

飛騨の家具工房展+兵庫クラフトの手仕事展の搬入

今日は、2019年3月14日(木)~19日(火)まで、神戸市三宮のさんちかホールにて開催される「飛騨の家具工房展+兵庫クラフトの手仕事展」に出展のため、会場設営に行ってきました。
飛騨の工房家具作家5名の方をメインに開催される展示販売イベントに、兵庫のクラフト作家6名(陶芸・木工・織り・張り子・ガラス)がご一緒させていただくイベントです。
木の香りたっぷりの沢山の素敵な家具に囲まれながら、楽しい雰囲気の会場が出来上がっています。
会場のさんちかホールは、各路線の三宮駅から1~3分のところにある大変便利な会場です。
お時間ございましたら、お気軽にお立ち寄りください。

会場 神戸市中央区三宮町1-10-1 さんちか3番街 さんちかホール

期間 2019年3月14日(木)~19日(火) 10:00~20:00 最終日は17:00まで
※期間中は、終日会場に在廊いたします。

 

 

 

 

 

 

 

おのからの9彩の風 Le Vent9展が終了しました

私が所属している、兵庫県小野市在住のアーティスト、クリエイターでつくる「アートプランおの」の展覧会「おのからの9彩の風 Le Vent9展」が、本日終了しました。
兵庫県三木市のギャラリー「森の風美術館」を会場に開催された、兵庫県小野市のアートを盛り上げようと集まった「アートプランおの」メンバーを中心に、絵画、彫刻、写真、陶芸、フォトグラフ、グラフィックデザイン、木工クラフトの9名のクリエイターによる作品展。
「森の風美術館」は、三木山森林公園内にあり、ほぼ100%車での来場となるロケーションですが、期間中会場にお越しいただいたお客様は、1002人と大幅に私たちの予想を超える来場者となりました。
私は、日頃の販売用の作品ではない、ちょっと独創的な作品や、過去にコンペに出品した作品などを中心に展示したのですが、木のいろいろな表現の在り様がおもしろいと言っていただけたことが、何より嬉しく思います。
不便な会場にも関わらず、会場へ足をお運びいただいた皆さまに心よりお礼を申し上げます。