2020年の大晦日

工房は、2020年の大晦日を迎えました。
昨夜の寒波で、兵庫県北部は大雪警報が発令されましたが、工房はうっすらの雪景色となりました。
今年は、コロナ禍のもと、かつて経験したことのない活動のしにくい一年でしたが、それでも何とか大勢の方に支えられ、無事一年を終えることができました。
とりわけ今年は、初めてのギャラリーやショップのオーナーさんから、展示会のお声がけをいただき、展示会を中心とした活動をさせていただきました。
おかげで、いろいろなお客様や作家の方との出会いもあり、こうした方とのつながりの中で、改めてご注文をいただいたり、ワークショップにご参加いただいたりと、コロナ禍の中でありながら、活動させていただけたことは、本当に多くの方の支えがあってのことと感謝に堪えません。
相変わらずの制作スピードの遅さから、納品やご注文に際しましては、ご迷惑をおかけしていますが、遅いながらもなんとか良いものをお届けできるよう、来年も頑張って行きたいと思います。
この一年、皆さまには本当にお世話になりありがとうございました。
2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

「ちっちゃいもの展」阪急うめだ暮らしのアトリエ

2020年12月9日(水)~12月22日(火)まで大阪 阪急うめだ10階スーク暮らしのアトリエにて開催されました、「新しい愉しみ方を見つけるお正月準備 」展にお越しいただきました皆様ありがとうございました。
引き続き、同会場にて、「ちっちゃいもの展」が2020年12月23日(水)~2021年1月5日(火)まで開催されますので、私は木の豆皿等を出品いたします。
いろいろな作家の方の豆皿・小皿を中心に、小さくて愛らしい器や箸置きなどが紹介されます。
素材・デザイン・大きさの違う豆皿・小皿たちをたくさん並べると、食卓がぐっと豪華になります。気に入ったお皿を家族分揃えてみたり、気分によって変えられるように色々なお皿を集めてみたりされてはいかがでしょうか。
年末年始のハレの日の食事を、お気に入りの豆皿や小物類で、たのしくコーディネートしていただければと思います。

期間 2020年12月23日(水)~2021年1月5日(火)10:00~20:00

会場 阪急うめだ 10階 スーク暮らしのアトリエ 大阪市北区角田町8番7号

 

 

 

 

 

 

 

 

るるぶ兵庫 最新版に掲載いただきました

旅行会社JTBさんが発行されている、旅行ガイド冊子「るるぶ兵庫 最新版」に少しですが、工房えらむを掲載していただきました。
出版社さんのご意向で、冊子の「播州の手仕事を訪ねる」と言うページで、紹介いただきました。
内容は、西脇市の播州織、小野市の木工品、龍野市のレザー、播州エリアにあるそれぞれの工房&ショップを訪ねると言うもの。
最初に、西脇市の播州織の服飾工房「Tamaki niime Shop&Lab」を訪ね、そこから車で約30分の工房えらむへ、そして龍野市にある龍野レザーなどのショップ「カワラヤ」を訪ねるコースとして紹介されています。
西脇市の播州織の服飾工房「Tamaki niime Shop&Lab」は、デザイナー玉木新雌さんが運営されている、全国的に有名なブランド工房で、大変設備の整ったとても大きな工房なのですが、その次に訪ねるのが当工房と言うコースで、いささかその規模の差に驚かれるかもしれません。
旅行冊子に紹介いただきましたが、私の工房は、常時見学できる観光スポットのようなところではありませんので、あくまで工房を公開Openしているのは、第3土曜、日曜、月曜の3日間のみです。また、Open日は、不定期にお休みいただくことがありますので、必ず当ホームページ又は電話でご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年工房の薪ストーブ事情

ここ数日、兵庫県北部では雪の便りも聞かれ、本格的な冬の到来とともに、工房の薪ストーブはフル稼働の日々です。
廃材と土壁だけの工房は、断熱構造がなく隙間だらけで、薪ストーブのない冬の生活は考えられません。
毎年頭を悩ませるのが、ストーブ用の薪の確保。
ここ数年、仕事にかまけて薪づくりをサボってばかりで、性懲りなくいつも薪の用意がないまま冬を迎えてしまっている状況。
友達の薪ストーブ愛好家に、薪を調達してもらったり、薪が無い!とSNSに投稿したら、知り合いが薪を持って来てくれたり、造園屋さんが仕事の廃材を持って来てくれたりと、なんとも情けない状態が続いています。
今年も結局、薪づくりをしないまま、冬を迎えてしまいました。
しかし今年は、親しくしている木工家さんから、仕事で出た処分の必要な端材を、住宅街のため、薪ストーブなどで燃やすことができず、処分先を探していると声をかけてもらい、渡りに船とありがたくいただくことにしました。
今のところ軽トラックに2台分の端材をもらい受け、ストーブの燃料として大助かりです。
まあ今回は、お互いに助かるのでいいかと思うのですが、相変わらず薪づくりをサボって、知り合いに頼る生活は改めなければと思う日々です。

2020年12月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。(お休みをいただく月もありますので、ホームページでご確認ください)
2020年12月の工房Openは、12月19日(土)、20日(日)、21日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
日頃製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
今年最後の工房Open日となります。ここ最近、展示会が続いたり、現在開催中の展示会があったりしたこともあり、作品は少し少なくなっていますが、恥ずかしながら趣味の古道具販売は、古布、竹かご、お盆、木の器類が増えて、けっこう充実してきています。
工房はどんなところにあるの、廃材で建てた建物はどうなっているのなど、見学大歓迎です。
12月ともなり、工房のまわりの木々はすっかり葉を落とし、落ち葉の絨毯となっています。落ち葉を踏みしめるのも心地よいものです。
相変わらずのコロナ禍の日々ですが、風通しの良い郊外の静かな冬の工房へ、お気軽にお立ち寄りください。

新しい愉しみ方を見つけるお正月準備 展

2020年12月9日(水)~12月22日(火)まで大阪 阪急うめだ10階スーク暮らしのアトリエにて開催される「新しい愉しみ方を見つけるお正月準備 」展に漆の器を出品してます。
お正月を愉しむためのアイテムとして、しめ飾りなどとともに、私の木の器、主に漆塗りの器を加えていただいています。
お正月用のいろいろなアイテムとともに、お取り扱いいただいていますので、私の単独の企画展ではありませんが、お正月用として使っていただくことをイメージしたお皿や器、お盆などを少し多めに出品しています。
漆塗りの器は、決して扱いにくいものではありません。
木の温かみのある素材と優しい手触りの器が少し加わるだけで、少し雰囲気も和らぐように思います。
ハレの日のお正月を愉しくコーディネートする器に加えていただけると嬉しいです。

期間 2020年12月9日(水)~12月22日(火)10:00~20:00

会場 阪急うめだ 10階 スーク暮らしのアトリエ 大阪市北区角田町8番7号

宮崎興二の4次元ミュージアム展

先日、工房から30分のところにある西脇市岡之山美術館で開催されていた「宮崎興二の4次元ミュージアム展」を見てきました。
アートとサイエンスをつなぐ多面体や多次元のかたちの研究で国際的に知られている、宮崎興二さんの展示会です。
美術館に入ると、「夢幻次元のパノラマ」と名付けられた、独特の視点と感性で制作された作品などで展示会場は、独特の雰囲気につつまれるのですが、これが何とも私には心地良い空間でした。
これまで、いろいろな美術館や個展を見てきましたが、これほど気持ちがリラックスできる独特の空間に誘われたことは無かったと思います。
作品から伝えられること、伝わるもの、表現によってこれほどの空間ができるものかと、いろいろ感じる時間を過ごしました。
私も作品のジャンルは違えど、作った作品を使い手の方へ届ける仕事をしていますが、わずかでもいろんな思いや心地良い感覚を届けることができないだろうかと、思いを新たにしました。
※写真撮影は許可されていました。

第33回 チャリティーのためのミニアリュール展に出品

2020年12月5日から20日まで、兵庫県姫路市のギャラリー「ルネッサンス・スクエアー」で開催される、第33回 チャリティーのためのミニアリュール展に出品いたします。
出品された作品を入札形式で、最高額の方にお譲りするオークション形式で、入札額の一部がチャリティーとして寄付されます。
兵庫県内の作家の方を中心に県内外の各分野から141名の小作品が出品されます。
著名な作家の方が出品されていますので、木工の私などは、いささか場違いな感じもするのですが、知り合いの画家さんに、あなたもそろそろ協力してと言われて、事務局に推薦しとくからと言うことで、今年参加させていただくことにしました。
私としても、脱サラで始めた木工房ですが、何とか続けて来られたのは、皆さんの支援のおかげと言う思いもあり、微力ながら何かお返しさせていただく機会として、出品させていただくことにしました。
このチャリティーイベントは歴史もあり、私も以前に入札して絵画を落札購入したこともあります。良い作品を、場合によっては安価で購入できる機会でもあります。
私は、木の器小品を2点出品しています。最低落札価格3.000円からのスタートにしていますので、よろしければチャリティーにご協力ください。
なお、今年はコロナ禍での開催ということで、12月10日からはインターネットでの入札も可能になるようです。

ルネッサンス・スクエアー ホームページ