ブログ

「工房えらむ」の日々

ブログ一覧

定番のお椀の出来上がり

栗の木を彫ったお椀の拭き漆塗りが終わり、出来上がりました。
口径は11.5センチ、高さ6.3センチです。
親指と中指でお椀の縁を持って片手で持ち上げられて、もう片方の手を添えれば、楽に口元へ運べるようにと、少し小ぶりな大きさにしたお椀です。
私が、一番使いやすいと思い定番にしているサイズです。
それでも、女性の手では、少し大きいかもしれません。
私のものは、陶芸で言うところの手びねりに近い作り方ですので、ひとつずつが微妙に違っています。
なので、持った感じや、飲み口の感じもそれぞれ異なります。それも持った位置によって、また違ってくると言うことになります。
私が考えて、使いやすいようにと思って作ったお椀の個性が、使い手の方にうまくマッチングして、しっくりとなじむマイ椀として使っていただけるようになればと思います。

手彫りのお椀手彫りのお椀

私の好きな旅の本 その1

コロナ禍で、海外はもとより、国内も自由に行き来することが困難な昨今ですが、とても旅に出たくなります。
ずっと以前に読んだ旅の本ですが、本で少し旅心地を味わってみてはと、私の個人的お勧めの本を紹介します。本は、「ごめんねパパ 泣き虫アコの冒険旅行」著者:三保 明子(トラベルジャーナル社、1992年発行)
イギリスの旅行会社の企画する、ほぼ世界最長のバスツアーに参加する女性の体験談。
トラックの荷台を改造したバスに、世界中から集まった参加者とともに、イギリスからアフリカ経由でネパールを目指してテント泊と自炊をしながらのバス旅。
イギリス・ロンドンを出発しヨーロッパを南下、地中海を渡ってアフリカ・モロッコへ、アフリカ大陸を南下し、サハラ砂漠を超えてニジェールから中央アフリカへ、ザイールからアフリカを横断し、タンザニア、ケニアを経由してアフリカを北上、エジプト、ヨルダン、イスラエルからアジアへ、トルコ、イラン、パキスタン、インドそして終着のネパール・カトマンズと言う超長旅。
キャンプも経験のない筆者が、途中脱落者も出る長旅を、しなやかに旅する姿が印象的。
それにしても、コロナ禍で、海外との行き来は、ほとんど不可能となり、今では、政治不安や民族紛争で往来の難しい国々を颯爽とバスが走り抜ける、過去の良い時代もうらやましい。

 

アセビの花の季節

工房の建物のすぐそばに自生している、アセビの木の花が満開です。
アセビは、馬酔木と書き、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされているそうです。
有毒成分を含む木ですが、花はとても可憐で、白いすずらんのような花をたくさん付けて、早春の寒空のもと、花の少ない季節に、目を楽しませてくれます。
昨年は、あまり咲かなかった印象があり、話題にすることもなかったのですが、今年はたくさん元気に咲いてくれました。
野生の木々は人間以上に敏感に、気候の変動などを感じ取っているのだろうかと思います。
小さな小さな工房の雑木林ですが、いろいろな種類の木が自生していて、アセビの花から始まって、四季折々咲く木々の花を愛でるのが、工房でのささやかな楽しみです。

栃の木のお椀を彫る

栃の木を彫ったお椀です。
おおよその口径を決めて、ほとんどフリーハンドで彫っています。
今回彫ったのは、おおよそ口径13センチ、高さ6センチのものです。
容量的には、沢山は入るので、お汁ものやいろいろな料理を入れて楽しむことができると思います。
日頃は、栗の木を中心に彫っているのですが、栃の木も大変魅力的な好きな木です。
きめの細かい木質が作る柔らかい表情、そして漆を塗ると思いがけない表情を見せるのが何とも面白いところです。
実用性を考慮して、しっかり拭き漆塗りをして仕上げます。どんな表情になるのか楽しみなところです。

手彫りのお椀

 

2021年2月の工房Open日

毎月、第3土曜、日曜、月曜の3日間、工房ギャラリーをOpenしています。(お休みをいただく月もありますので、ホームページでご確認ください)
2021年2月の工房Openは、2月20日(土)、21日(日)、22日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
日頃製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
兵庫県は、新型コロナウイルスの感染拡大回避のための、緊急事態宣言中ではありますが、感染者の減少傾向もあり、感染対策にも注意しながら、工房Openをしたいと思います。
最近は、オーダー品を中心に製作しているため、新作が少ない状況ですが、恥ずかしながら趣味の古道具販売は、古布、竹かご、お盆類が増えて、けっこう充実してきています。
工房はどんなところにあるの、廃材で建てた建物はどうなっているのなど、見学大歓迎です。
2月ともなり、日差しもすこし暖かくなりました。今日は、工房で今年初めて、ウグイスの鳴き声を聴きました。工房のサクランボの木も蕾が大きくなり春を迎える準備が始まっています。
相変わらずのコロナ禍の日々ですが、風通しの良い郊外の静かな工房へ、お気軽にお立ち寄りください。