工房 えらむ

木の器と手織の工房

ブログ
「工房えらむ」の日々

ブログ一覧

兵庫県民芸協会 2020年度総会へ出席

昨年2019年の年末に、兵庫県民芸協会に入会させていただきました。
兵庫県民芸協会には、親しい作家の方も沢山入会されていて、皆さんに後押しされるかたちで、入会させていただきました。
昨日は、兵庫県民芸協会の2020年度総会が、神戸のポートピアホテルで開催され、出席してきました。
自身の作品が民芸的かと言えば、どうかと思う部分もありますが、そこに集う各ジャンルの作家の方々は実力派の方ばかりで、見習う事や刺激を受けることが沢山あり、私の今後の活動にとてもプラスになると思っています。
とりわけ、会長の笹倉 徹さんは、優れた木工家として長く活動しておられ、私が木の器を作り始めたころから、私の作品を見ていただいて、いろいろと励ましていただいたご縁のある方でもあり、入会を喜んでくださったことを、とても嬉しく思います。
民芸協会員は、特に民芸的な作品制作をしている方に限らず、民芸の愛好家、興味を持っておられる方、コレクターの方、販売や美術館など関連の仕事をしておられる方など、幅広い方がおられます。皆さんから非常に興味深いお話をお聞きし、交流させていただき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

大きい隅切盆を彫る

栗の木で少し大きめの隅切盆を2枚彫りました。
これもほぼ定番で作っている、縦横32センチ、厚さ2.5センチの大きさのものです。
以前ご購入いただいたお客様から、2度目の追加での制作のご依頼によるもので、お使いいだだいて、少しづつ枚数を増やしていっていただけることは、作り手として本当に嬉しいことです。
隅切盆は、どちらかと言えば、ややフォーマルな雰囲気の中で用いられることが多いような気がしますが、私の作る手彫りの隅切盆は、いささかまったりとしたお盆で、カジュアルな雰囲気で気軽に、いろいろなシーンで使っていただけるかなと思います。
とは言え、隅切盆と言うお盆のもつ緊張感を損なうことのないよう、少し黒っぽい、拭き漆塗りで仕上げます。

栗の木 隅切盆 手彫り

 

 

 

 

 

 

 

一人用のお盆を彫る

栗の木で、定番の一人用のお盆を彫りました。
サイズは縦32センチ、横22センチ、厚さ1.8センチ。
薄く軽いお盆にすると、どうしても反りの心配があるので、極力柾目材を使用しますが、柾目だけだと見た目が単調なので、少し板目模様の含まれる、いわゆる追柾の板を使用しています。
追柾目の少し板目模様のある杢目が、ちょっと落ち着いた雰囲気で何となく好みです。
定番の一人盆は、カフェトレイとして、ちょっとした食事や甘味などを出すお盆として使いやすいので、折に触れ作らせていただいています。
仕上げは、用途に応じてオイル仕上げ、漆塗り仕上げも行います。
それぞれ味わい深い雰囲気になります。

栗の木 お盆

 

 

 

 

 

 

 

 

工房の野鳥 コゲラ

小さな小さな林に囲まれた工房ですが、この季節沢山の野鳥の姿を見ることができます。
四季を通じて野鳥の姿を見かけるのですが、木々が葉を落とした冬の時期は野鳥を見るのに適しています。
いつも仕事をしている作業場の正面に大きなコナラの木があるのですが、仕事をしていると、時折シジュウカラのにぎやかな鳴き声が聞こえてきます。ほどなく小刻みに木をつつく音が聞こえてきます。木をつついているのは、コゲラ。いわゆるキツツキの仲間です。
沢山の忙しなく飛び回るシジュウカラの中で、コゲラの数は数匹。虫の居そうな幹をつついて移動します。
いつもシジュウカラの群れに交じってやって来るのが不思議だなと思って調べてみると、偶然ではなく、混群と言う野鳥の習性だそうです。
特定の異種の野鳥が一緒に群れを作って移動することで、敵対する野鳥の発見がしやすくなったり、身を守りやすくなったりするそうで、小さな鳥たちが生きるための独特の習性のようです。
忙しなく飛び回っていた混群の野鳥たちは、10~15分ぐらいすると、どこかへ移動して行ってしまいます。
工房の小さな林の中にも、野鳥たちのささやかな営みを垣間見ることができるのが、微笑ましく、楽しいひと時でもあります。

 

 

 

 

 

 

第59回 日本クラフト展出品作品

2020年1月6日より、所属している公益社団法人 日本クラフトデザイン協会主催の第59回日本クラフト展が、東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催され、本日終了しました。
日本クラフト展は、公募展ですが、私はクラフトデザイン協会の会員であるため、応募は無審査になります。
公募展への入選を目指して応募されてこられる作品を見るにつけ、その技量や熱量は本当に頭が下がります。
私も、入選できるまで10年ぐらいかかったと思いますが、5回の入選の後、会員に推挙していただき、無審査での応募となると、私の作品は質を落としているんじゃないかと、いつも自問します。
今年の私の出品作品は、「Swaying leaves plate」と言う名前のゆらゆら揺れるシンプルな木のお皿。
いつもの自身の木を彫って作る作品と180度趣向を変えた作品です。
人類最初の食器は、木の葉だったのではないかと言う思いを形にして、山桜の板を熱処理して曲げ、シンプルな皿にしました。
料理をどう盛付けるのか、箸を向かわせるたびに器と料理が揺れる、そんな緩やかに揺れるお皿に遊び心を盛付けて、食事やテーブルのコーディネートを楽しんでもらいたいと言う思いで作りました。
形状だけ見ると、手抜きな作りの器じゃないか、と言う声か聞こえてきそうですが、私なりにこのお皿になるまで、それなりに試行錯誤の制作を繰り返してたどり着いた器です。
大げさに言えば、エポックメイキングな器として提案してみたいと言う思いで作ってみました。こんな器を使ってみたいなと言う方がどこかにいらっしゃったら嬉しいなと思います。