工房 えらむ

木の器と手織の工房

07月

オクラの花

工房の畑では、いろいろな夏野菜の花が咲き、実をつけています。
なかでもオクラの花は、ひときわ大きく、野菜の花とは思えないきれいな花を咲かせています。
オクラの花は、よく見るとすぐ近くで栽培している和綿の花と非常によく似ています。調べてみるとオクラも綿も同じアオイ科の植物であることがわかりました。
オクラは、コレステロールを減らす効果があり、夏バテ防止になるそうです。
この夏、オクラを食べて、良い作品をつくっていくことができればよいのですが。

DSC05036DSC05059
オクラの花                   和綿の花

 

 

ブルーベリーと はなびら皿

工房の片隅に植えているブルーベリーの実を収穫しました。
ブルーベリーは、異種を混植するとよく実がなると言われているので、種類の違うブルーベリーを3本植えています。
まだ木が小さいこともあって、実は少ししか生りませんが、熟した実を口に入れると甘酸っぱい味はなかなかのもので、夏の味がします。
栗の板をはなびらのかたちにフリーハンドで彫った、はなびら皿に収穫したブルーベリーの実を入れてみました。
栗の板の色と紺色の実のコントラストが新鮮に感じます。

DSC05001
花びら皿 栗材

 

 

木の片口の仕上がり

6月7日に製作記事を書いた栗の木の片口が仕上がりました。
栗の木の素朴な木目が好きなので、木目を生かしながら酒器などに使えるよう黒っぽい漆で仕上げました。
以前に作った栗の木の隅切り盆に載せ、ぐい呑みを添えてみました。水キレも問題なく、酒器以外にも多用途に使えそうです。

DSC04666
片口 栗材 拭漆       ぐい呑み 栗材 拭漆

 

 

綿の栽培 和綿の花

工房の畑に植えた和綿が大きくなり、花が咲きはじめました。
梅雨が明けましたが、その後も比較的雨の日があり、葉も茂り、背も高くなりました。
成長にはばらつきがありますが、高いものは70cmぐらいになり、まだほんの少しですが黄色い花が咲きはじめました。

DSC04978DSC04985

 

 

東山嘉事さんの牛

用事があって久しぶりに神戸に行きました。
少し時間があったので、JR神戸と元町駅の間の高架下にあるカフェ「プラネットEartH」に置いてある、アーティスト東山嘉事さんの作られたゴミアートの作品を見に行きました。店内には、ほぼ本物の牛と同じ大きさの牛のオブジェ「モーモーモー」があります。
東山嘉事さんは好きだったアーティストのひとりでしたが、残念ながら2006年に亡くなられました。
私が、登山からものづくりに興味が移ってきたころ、40歳の誕生日の記念に、東山嘉事さんのゴミアートのワークショップに参加しました。
最近では、古材や廃材で作品を作る人は多くなってきましたが、東山さんはあくまでゴミだったと思う。
古材や廃材は素材であることに対して、ゴミと言う廃物で作品をつくることにすごいエネルギーのようなものを感じて、私はN市のごみ処理場で東山さんとゴミから生むアート作りを行いました。
2年前、東山さんが亡くなられて作品を目にする機会が少なくなっていた時、このカフェで牛のオブジェに出会った時は、鳥肌が立ちました。
何度作品を見てもその存在感に圧倒されます。

DSC04612DSC04609

 

 

角コースターをつくる

角コースターの追加製作依頼をいただいたので、同じものを複数枚作っています。
今回、私が作っている角コースターは、すべて直線と平面で出来ています。
こんな場合、丸鋸盤などを上手に使うと効率よく、短時間で同じものをたくさん作ることができそうですが、 私はすべてバンドソーで直線をカットしています。バンドソーの直線切り用のガイドは使わず、材に書いた輪郭線に沿って切っていきます。
当然、直線に切ったつもりでも微妙な歪みが生じます。その切断面は平鑿でととのえていきます。どうも時間のかかる仕事ですが、手で彫りながら器を作っている私には、機械的でない仕上がりも含めてこの方が性に合っているようです。
コースターは漆をしっかり塗りますので、角皿として多用途に使用できるようにしています。

DSC04627
角コースター 栗材 (完成品は拭漆仕上げ)

 

 

チチ松村さんと小野市のセミ事情

今日、近畿地方が梅雨明けしました。工房のセミもそのことを知っているかのように鳴き始めました。
セミの鳴き声を聞いて思い出したのが、ちょうど一年前、アコースティックギターデュオの「ゴンチチ」のチチ松村さんと小野市のセミ事情について話をしたこと。
昨年、私たちが神戸で個展をしていた時、見にきていただいた先輩木工家の方から「ゴンチチ」のチチ松村さんの企画で、「豆」をテーマにいろんなアーティストが作品を持ち寄り、大阪のギャラリーで展示会をするので、見に来てと言われてDMをいただいた。
チチ松村さんも時々会場に来られるので、会えるかもしれないよとのこと。
私は、ゴンチチはデビュー当時からのファンだったので、出来ることならお会いしたいと大阪のギャラリーへ。会場では「豆」をモチーフやイメージした絵画、イラスト、書、造形作品などと、チチさんの豆に関するコレクションが展示されていて非常に楽しく面白い展示でした。先輩木工家の木工作品も小さいながらもウイットの効いた、さすがと言わせる面白い作品でした。
ギャラリーの方から午後にはチチ松村さんは来られるとのことで、時間を合わせて再度ギャラリーを訪問し、ご本人とお会いすることができました。小野市ってどの辺にあるの?セミはいる?とセミ好きでもあるチチさんと小野市のセミ事情で談笑し、うれしい時間を過ごさせていただきました。

DSC04581

 

 

工房のキノコ

工房の栗の木の周りに大きなキノコがたくさん生えてきました。
最近、雨が続いたことで、地面が湿潤になったためのようです。
工房の土地は、笹藪と雑木だったところを切り開いていったところで、森と言ったところでもないのですが、いつのころからかキノコがたくさん生えるようになりました。
もちろん秋の方がたくさんいろんな種類が生えるのですが、梅雨の時期もたくさん不思議なキノコが生えてきて楽しませてくれます。
傘の大きさは10センチ前後もある大きなキノコですが、私はキノコに詳しくないので名前はわかりません。
食べられるキノコだったらもっといいのですが。

DSC04557

 

 

椀木地のアラガタ

とある古民具を取り扱う店で見つけた椀木地のアラガタ。
アラガタは、木地屋と呼ばれる人たちが、昔お椀を轆轤で挽くため、山の中で伐採した木を斧やチョウナなどで荒木取したお椀のもとになる木。
写真のアラガタは、もちろん完成品ではなく、いつの時代のものかわかりませんが、人力の轆轤にかけられて丸いお椀に整形されたものと思います。
ダイナミックな木のはつり具合と素朴なフォルムに魅かれて、刳りものの器を作っているものとしては、衝動買いしてしまいました。
木の器を作っていると、このアラガタのような力強さや自然なフォルムを表現できないかとよく思います。

DSC04171