工房 えらむ

木の器と手織の工房

プロフィール

木の器 田中 陽三

木を手で彫る刳りものによる木の器を製作しています。

 1960年 兵庫県生まれ
 1987年 サラリーマン生活の傍ら社会人山岳会に所属し登山に熱中、山や
     自然とともに生活するスタイルを模索する。
      自然素材を使ったもの作りで生活することをめざし、木の器作り
     を始める。
 1993年 丹波の森ウッドクラフト展 入賞 以後95.00.03.15年入賞
 1999年 朝日現代クラフト展入選 以後00.01.02.03年入選
 2001年 日本クラフト展入選 以後02.03.04.06年入選
 2002年 金沢わん・One大賞展 入選
 2003年 木と暮らしの工芸展 岩手県大野村 入選
 2004年 伊丹国際クラフト展 入選
 2007年 公益社団法人日本クラフトデザイン協会より会員に推挙いただく
     小野市郊外に廃材にて工房を建設
 2011年 「関西のクリエイター展」出展(伊丹市立伊丹工芸センター)
 2012年 サラリーマンを退職し木の器製作を職業とする
 2014年 クラフトで乾杯 乾杯を愉しむ公募展 札幌芸術の森 入選
 2015年 まちデコール2015 出展(高島屋大阪店)
 2015年 テーブルウェアフェスティバル2015(東京ドーム)入選
     (芦田俊一氏との共同制作)
 2015年 丹波の森ウッドクラフト展 グランプリ・文部科学大臣賞 受賞
 2017年  テーブルウェアフェスティバル2017(東京ドーム)入賞
      大賞・経済産業大臣賞 受賞
 2018年 テーブルウェアフェスティバル2018(東京ドーム)招待出品

    


草木染と織 田中 雅子

身近な草木で絹糸や綿糸を染め、布を織っています。

     兵庫県生まれ。
 1995年 丹波市の「染色工房 布遊」大原紘子氏に織りを習う
 1998年 より地元兵庫県の「たんばクラフトフェスティバル」に出展
     兵庫県加古川市、和田山町で工房展
     芦屋市、神戸市で織のグループ展に出品
 2008年 丹波市 丹波布伝承館で糸紡ぎを習う