木の抹茶茶碗

先日紹介させていただいた、木の抹茶茶碗の出来上がりの様子です。
栗の木を彫って作った、口径約13センチ、高さは約8.5センチの茶碗です。
拭き漆塗りですが、少し黒っぽく仕上げながら、木の質感や杢目を感じれるようにしています。
私なりに茶碗の高台もつくってみました。
陶器のものとは一味違った、軽やかで、暖か味のある手触りの木の茶碗でいただくお茶は、いかがなものでしょうか。

木の抹茶茶碗木の抹茶茶碗

お茶碗を彫る

折に触れ、木の抹茶茶碗を作っていますが、最近、制作のご依頼をいただくことが増えてきました。
栗の木で抹茶茶碗を彫りました。
もう既に出来上がっているものですが、まず木地の状態を紹介したいと思います。
茶碗づくりは、大変奥が深く、難しい世界ですが、私の場合は、木で作ることの良さに重点を置きながら、木の自然な表情、やさしさ、暖かさ、軽やかさなどを生かした、使いやすいお茶碗づくりをめざしています。
この度のものは、栗の木を彫って、拭き漆塗りで仕上げています。
口径は約13センチ、高さは約8.5センチで、手に収まりのよい、茶筅のふりやすいお茶碗になればと言う思いで作りました。
陶のお茶碗とは一味違う、木のお茶碗の良さを楽しんでいただければと思います。

木の抹茶茶碗

器の底を彫る刃物

何故か、底の深い器を彫るのが好きで、とりわけ口径が小さくて、底の深い器を彫るのに、面白さを感じます。
よく同業者から、木工ろくろで荒彫りして、そこから彫り込めば楽なのにと言われます。
彫りによる刳りものを仕事としていると、妙なこだわりがあって、丸くないものや、ろくろの端正なかたちをなるべく出したくないと言う思いがあって、陶芸で言うところの手びねり感覚の木の器に魅力を感じています。
浅いものだと、曲りの丸ノミなどで、何とか彫ることができるのですが、口径が狭く深いと、それに対応する道具が必要になるので、どんな道具を使うかと言うところが、ポイントになります。
これなら彫れそうだと思う道具は、見かけるととりあえず買って使ってみるを繰り返しています。なので、そんな道具がいろいろ増えてきます。
実際に使ってみて、頻繁に使うもの、ほとんど使わないもの、あるいは形状に応じて細かく使い分けるものなどがあります。
何かパズルの謎解きのように道具使いをしていますが、よく考えると木工技術の無さと、不器用さの結果のような気もします。

 

定番のお椀の出来上がり

栗の木を彫ったお椀の拭き漆塗りが終わり、出来上がりました。
口径は11.5センチ、高さ6.3センチです。
親指と中指でお椀の縁を持って片手で持ち上げられて、もう片方の手を添えれば、楽に口元へ運べるようにと、少し小ぶりな大きさにしたお椀です。
私が、一番使いやすいと思い定番にしているサイズです。
それでも、女性の手では、少し大きいかもしれません。
私のものは、陶芸で言うところの手びねりに近い作り方ですので、ひとつずつが微妙に違っています。
なので、持った感じや、飲み口の感じもそれぞれ異なります。それも持った位置によって、また違ってくると言うことになります。
私が考えて、使いやすいようにと思って作ったお椀の個性が、使い手の方にうまくマッチングして、しっくりとなじむマイ椀として使っていただけるようになればと思います。

手彫りのお椀手彫りのお椀

栃の木のお椀を彫る

栃の木を彫ったお椀です。
おおよその口径を決めて、ほとんどフリーハンドで彫っています。
今回彫ったのは、おおよそ口径13センチ、高さ6センチのものです。
容量的には、沢山は入るので、お汁ものやいろいろな料理を入れて楽しむことができると思います。
日頃は、栗の木を中心に彫っているのですが、栃の木も大変魅力的な好きな木です。
きめの細かい木質が作る柔らかい表情、そして漆を塗ると思いがけない表情を見せるのが何とも面白いところです。
実用性を考慮して、しっかり拭き漆塗りをして仕上げます。どんな表情になるのか楽しみなところです。

手彫りのお椀

 

我谷盆を彫る

栗の木で我谷盆を彫りました。
本来の我谷盆は、栗の木の丸太を鉈や斧で割って、自然に割れた状態などを生かしながら、鑿で彫り上げていき、野趣あふれる雰囲気が、我谷盆の魅力と言えるところではないかと思います。
私の場合は、あらかじめプレーナーがけした板状の栗材を、ルーターで荒彫りしたものを、鑿で彫っていっていますので、我谷盆と呼べるものかどうかわかりません。
今回彫ったのは、縦18㎝、横38㎝、厚さ2.5㎝の少し細身の長方形で、二人分のお茶を運んだりするような場合に、気軽に使える取り回しのいい大きさかと思います。
ひとつは、これから拭き漆塗り仕上げにします。もうひとつは、無塗装のままで、栗の木の経年変化を楽しんでいただくものにします。

我谷盆我谷盆

お椀を彫る

栗の木でお椀を10個彫りました。
昨年秋にご注文いただいていたお椀ですが、作業スピードが遅く、時間的になかなか作業に入れず、気になっていたのですが、やっと彫り上げました。
口径は11.5センチ、高さ6.3センチです。
私が、一番使いやすいと思い定番にしているサイズです。
手で彫っているので、かたちが微妙に違っていると思います。なので、持った時の感じや、飲み口の感じもそれぞれ印象は異なると思います。
こんなお椀ですが、面白いと言っていただいて、ご注文いただくことが少し増えました。
今回は、一ご家族からのご注文で、それぞれどこか個性のあるお椀の使い心地を、ご家族で楽しんでいただけることは、とても嬉しいことです。
これからしっかり拭き漆塗りで仕上げていきます。

手彫りのお椀手彫りのお椀

7寸隅切り鉢

7寸の隅切り鉢を作りました。
漆塗りは、根来塗り風に仕上げて、ハレの日の器にしたつもりです。
できれば昨年末のお正月用品の展示会に間に打合わせたかったのですが、塗りに手間取って間に合わず、やっと仕上がりました。まだ松の内という事で、朱色のお目出たい感じの器もいいかなと思います。
根来塗りの器は、大好きで、とりわけ古い時代の古色を帯びた根来塗りの表情にとても魅力を感じるので、自分でもやってみるのですが、なかなか思うようにいきません。
気に入った朱色がなかなか出せないことや、下地の黒漆の自然な擦れたような表情が出せないのが難しいところです。
いつか、満足のいく根来塗りの作品ができるようになればと思います。

北海道からクルミ材が届きました

今年も北海道からクルミの良材が届きました。
1年前に北海道の材木店に薄くて幅の広い板の注文をしていたものです。
クルミ材は個性の強い木で、とりわけ幅の広い薄い良材はなかなか流通していないので、希望のサイズをお願いして、時間をかけて用意してもらわないと、まとまった量の確保は難しい状況です。
届いた材は、人口乾燥済みの、しらたを除いた赤身の板のみで、節や染み、木口割れも非常に少ない状態のもので、ほとんど捨てるところのない良材です。
以前は、丸太を買って、希望のサイズに製材してもらい、人工乾燥機に入れて運送会社に運んでもらっていたこともありますが、結果的には、経費をトータルすると、それなりの費用になります。そして製材してみないと、良い材かどうか判らないというリスクが伴います。
今回のものは、値段的には、一般的には少し高いのだろうと思いますが、立米単価契約で送料無料なので、すべて使いきれる良材のみを選定した、非常に歩留まりの良い板は、考えようによっては割安かとも思います。
無欠点の板ばかりを使って、作品作りをしている訳ではないのですが、需要に合わせた供給体制も必要と考えて、いろいろな材木店さんとお付き合いさせていただいています。
今日は、軽トラックに材の一部を積み替えて、保管場所に運びました。

漆の塗り直しのご依頼

私の制作した漆塗りの器を沢山ご愛用頂いている方より、器の追加での制作のご依頼と、使用中の器の漆塗りのご依頼をいただきました。
送られてきた、お使いいただいている器は、どれも本当に日常的にお使いいただいている様子で、かなり使い込まれた表情がうかがえました。
本当にご愛用いただいていたようで、とても嬉しく思いました。
漆の器は、傷んできた場合、塗り直しをしてやることで、ほぼ新品同様に戻ります。
今回も、出来るだけ古い漆を研ぎ出して、下地を調整して、塗り直していきました。
写真は、すべて漆の塗る直し後のもので、塗り直し前の写真を撮るのを忘れておりましたので、比較はできませんが、なんとかほぼ新品に近い状態に戻すことが出来ました。
これも漆塗りの器の良さと言ったところでしょうか。