工房 えらむ

木の器と手織の工房

未分類

第1回 アートプランおの 展覧会

兵庫県小野市には、美術館も、専業でされているアートギャラリーも無いことから、小野市でアートに触れる機会を広げていこうと言う趣旨で、ご近所にお住いの彫刻家 井上直さんの呼びかけにより、小野市シニアサポートモデル事業として、「アートプランおの」が立ち上げられました。
(彫刻家 井上直さんは、NHKテレビ Eテレの番組「びじゅチューン」を製作・出演されている井上涼さんのお父さん)
私もシニアと言うには、まだ多少時間があるのですが、お手伝いをお願いされ、参加協力させていただくことにしました。
その最初の取り組みとして小野市在住の作家を中心に作品を展示するイベント「第1回アートプランおの展覧会」を来年1月に開催することになり、私はアートと言うにはいささか場違いな感もあるのですが、田中陽三も木工作品で出展させていただくことになりました。
アートプランおの の最初のイベントです。
市外の方も含め会場へ足を運んでいただければと思います。

日 時 2016年1月22日(金)〜24日(日) 10:00〜18:00(最終日は17:00)
会 場 小野市うるおい交流館エクラ 大会議室  兵庫県小野市中島町72
入場料 200円(18歳以下は無料)

img163img164

 

 

 

 

 

 

 

 

アート・クラフトフェスティバルinたんば2015より

アート・クラフトフェスティバルinたんば2015が開催されました。
今年は、例年になく好天に恵まれて、フェスティバル開始と同時に大勢のお客様が来場され、会場はとても賑やか。
沢山のお客様にブースを訪ねていただきました。フェイスブックで知り会った方との出会いも楽しく、まるでオフ会のような雰囲気、そして思いがけず沢山の方から、ウッドクラフト展グランプリ受賞のお祝いの言葉をいただき、とても嬉しく思っています。
2日目には、ウッドクラフト展の表彰式があり、ブースを離れたその間にも、沢山の方が訪ねていただいたようですが、お会いすることが出来ず、本当に残念で申し訳ありませんでした。
私のブースは公園のコナラとクヌギの林の中、友達家族がやって来て、子供たちは沢山のドングリを拾ってご満悦。
こんな自然とクラフトの一体感が楽しめるのも、このフェスティバルの良さかもしれません。
お出でいただいた皆さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

DSC03124DSC03113

 

 

 

 

 

 

 

第54回 日本クラフト展

2015年1月10日〜18日まで、東京ミッドタウン・デザインハブにて第54回 日本クラフト展が開催されます。
私(木の器)は、クラフトデザイン協会会員として作品を出品いたします。
東京六本木のアートトライアングルの一角に位置する、大変すばらしい場所での、一般公募を含めた展示会です。機会がございましたらご覧いただければと思います。

日本クラフト展に初めて応募したのは、2001年。その頃の思い出として、当時は、会場が東京銀座の百貨店、松屋銀座で展示販売されていました。初めての入選は、「手のひら椀」というタイトルの刳り物のお椀でした。それから数年後、松屋銀座の方から「手のひら椀」を購入された方から漆の塗り直しが出来ないか、とお問い合わせをいただいた、との連絡がありました。快く塗り直しをさせていただくこととし、送られてきた2個のお椀を見ると、まさに使い込んだ、と言う表情になっていました。銀座で料理店をされておられる方が、プライベートで使っておられたようで、本当に日々使っていただいていたのだなと感激しました。
そして、使い手の方に長く愛されるものづくりをしなければと、つくづく思いました。

詳細は、公益社団法人日本クラフトデザイン協会のホームページにて

img110