工房 えらむ

木の器と手織の工房

優しいスプーンを彫る

優しいスプーンを彫る

先日、神戸三宮のさんちかホールでの合同展示会に出展していた際に、私のスプーンを気に入って使っているので、もう一本欲しくて買いに来ましたと言われる、お客様がお出でになりました。
過去にお買い求めいただき、愛用されて、スプーンを使う時はほとんどこれを使っているとおっしゃられ、本当に使い込まれたスプーンを見せてくださいました。それは、もともとベビースプーンとして作っていた、柄の短い、子供の口に合わせて、すくう部分を小さめに作ったものでした。
口当たりを優しくするために、緻密な桜の木を削り、柔らかいカーブに丸みを付けて、削り跡を丁寧に磨いて仕上げています。
このスプーンは、最近はほとんど作っていなかったので、お客様がお出でいただいた時も在庫しておらず、お渡しすることはできませんでした。
ご愛用頂いていることに感謝して、再作成をさせていただくことにしました。大人の方にも好評と言うことで、今回は柄を長くした、一般的なサイズのものも作ることにしました。
これまでと同様に、漆の抗菌作用を生かして、拭き漆塗りで仕上げます。

木のスプーン

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です