工房 えらむ

木の器と手織の工房

11日

フリーハンドのお椀を彫る

栗の木と栃の木でフリーハンドのお椀を彫りました。
材を見極めながら、フリーハンドでお椀の口を描いていきます。
口径も厚みもすべて異なります。
1点ものばかりなので、持った感じ、口当たりがみんな違うのものですが、それぞれがいつか、求める人のところに届くことを願って彫っています。
工業製品的に、使いやすく、完成度の高い器を量産して安定供給することも大切なことですが、この世にひとつしかない気まぐれな器が、いつかぴったりと合う人と出会うことがあれば、これもまた楽しいことではないかと思います。
ひとつずつ手で彫って作ると言う作業だからできる器の役割は、こんなところにあるのかもしれません。

手彫りのお椀手彫りのお椀