工房 えらむ

木の器と手織の工房

隅切り盆の仕上がり

隅切り盆の仕上がり

先月、彫っていた栗の隅切り盆が塗り上がりました。
栗の木の素地が消えない程度に黒っぽく、拭き漆塗りをし、最終的につや消しにして仕上げました。
今回は、2センチ厚の栗の木を彫って、33×22センチの隅切り盆にしました。栗の木は、薄くすると反りの心配があるので、板目の板を避けて、柾目や追柾の板を使っていますので、やや木目の面白さに物足りなさを感じます。とは言え、ざっくりとした鑿跡と、一枚づつ異なる、栗の木の木目の個性を消すことなく、黒く拭き漆で仕上げ、栗の木の味わいを生かしながら、多用途に使っていただける隅切り盆になることをイメージして仕上げました。

DSC08531 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です