工房 えらむ

木の器と手織の工房

細かいしのぎの皿を彫る

細かいしのぎの皿を彫る

杢目の細かい柾目の栗の木で、5寸のお皿を手彫りして、そこに細かい鎬(しのぎ)を入れました。
ろくろ引きではないので、少々いびつなお皿の面に、細い丸のみでしのぎを入れます。
器にしのぎを入れるとどちらかと言えば和風になるようですが、細かくなると少し洋風な雰囲気が感じられるような気がします。
これまでで、一番細かいしのぎの彫り作業なのですが、最近どうもこう言う仕事があまり苦にならなくなってきました。
しかしながら、気持ちがそのまま映し出されて、しのぎのラインも少々いびつ。
でも、何か自然でいいかなと。
漆やオイルでいろいろな雰囲気に仕上げたいと思います。

しのぎの木の皿

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です