工房 えらむ

木の器と手織の工房

仕事始めは木の抹茶茶碗づくり

仕事始めは木の抹茶茶碗づくり

今年の仕事始めは、木の抹茶茶碗づくりからスタートしました。
昨年末に、木の抹茶茶碗を作ってほしいというご依頼をいただいて、1月2日の午後から工房入りして、準備作業に入りました。
これまで木の抹茶茶碗は、いくつか作って納品させていただいたことはあるのですが、いずれも私の創作オリジナルで作ったものでしたが、今回は、種類や細かい仕様のご希望があり、かなり緊張する作品づくりになります。いつも仕事中に聞いているFMラジオの放送も封印して、茶碗づくりに集中することにしました。
制作には轆轤は使わず、10センチ前後の栗の厚板を手彫りし、陶芸で言うところの手びねり感覚で制作します。
なかなか思った形にならず、すでに作り直したり、うまく漆塗りで表情を仕上げることができるかなど、お客様に納得いただけるものをお届けできるよう、まだまだこれからが正念場です。
新年最初の仕事がお茶碗づくりということで、とてもありがたい仕事をさせていただいたことに感謝の気持ちです。

木の抹茶茶碗

木の抹茶茶碗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です