工房 えらむ

木の器と手織の工房

柄付きの鉢を彫る

柄付きの鉢を彫る

栗の木で柄付きの鉢を彫りました。
以前時々作っていたのですが、柄の部分が付くだけで、単なるだ円の鉢を作るのに比べると、倍以上の時間がかかるので、あまり作らなくなってしまいました。
今回、ささやかながらチャリティーイベントの展示販売会への出品のお誘いをいただいたことから、少し普段とは違うものを作って購入していただければと言う思いで作ってみました。
そして、とあるご縁で、鍛冶の名工の方から、私の仕事ぶりを見て、使ってみなさいと渡された、突き鑿を試す機会としても作ってみました。
渡していただいた鑿は、これまで私が使っていた鑿とは、切れ味の感触の違いをはっきりと感じる鑿でした。それは、新しい作品がいろいろできそうな予感のする道具でした。
鉢は、拭き漆塗りで仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です