工房 えらむ

木の器と手織の工房

展示会

ひめじアーティスト フェスティバルに出展します

来週末、2018年5月19日(土)から20日(日)は、「ひめじアーティスト フェスティバル」が開催され、出展します。
地元兵庫県で、工房から1時間で行ける姫路城の公園が会場なので、とてもリラックスして参加できます。
クラフト好きのお客様や、久しぶりに顔を合わせる作家の方々と談笑するのも楽しみのひとつです。
今回は、クラフトの各種ジャンルの作家の方が、全国から145名集まります。
「工房えらむ」の展示ブースはでブース番号№62で出展しています。
平成の大修理で美しくなった国宝姫路城を背景に催されるクラフトフェアに、お時間ございましたらお立ち寄りください。
みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

日時 2018年5月19日(土)~20日(日)   ホームページ
19日 10:00~17:00   20日 9:00~16:00
会場 兵庫県姫路市 姫路城北側 シロトピア記念公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年の工房展 終了しました。

2018年の工房えらむの工房展が終了しました。
期間中は、本当に沢山の方に工房にお出でいただき、ありがとうございました。
お出でいただいたのに、ゆっくりお話もできず、充分な対応ができなかった方には、本当に申し訳ございません。
工房展は、毎月の第3土、日、月曜の工房定期Openとどう違うのかと言われると、答えに困るところもあるのですが、当工房ができたのが4月という事で、ゴールデンウイークの工房展は、ある意味、工房の誕生会、創業祭のようなものと思っています。
工房が誕生したこの季節の、新緑の木々に囲まれた工房で、お客様に工房のことを感じ、体感していただきたいと言う思いでお迎えしています。
来られたお客様からお花をいただいたり、綿の実をいただいたりもして、この日を特別な日として感じていたでいていることもとても嬉しく感じます。
また、親しくしていただいている木工家、陶芸家、画家、彫刻家の方も来ていただいて、プロのクリエイターの方からもいろいろ激励いただけたことも嬉しく思います。
6月から工房定期Openも再開予定です。また、お気軽にお立ちよりください。


 

 

 

 

 

 

木のぬくもり展

明日、2018年5月3日から工房えらむの「工房展」が始まりますが、同時進行で、5月3日~6月2日までの木曜、金曜、土曜に文庫カフェ・ギャラリーSoukano(草加野文庫)で工房えらむ(木工)の「木のぬくもり展」を開催します。
文庫カフェ・ギャラリーSoukanoは、工房から車で6~7分ぐらいのところにあるギャラリーで、文庫をされているオーナーさんが、最近始められたギャラリーです。
「木のぬくもり展」では、販売を目的とせず、普段あまりお目にかけることがなかった、器や木のおもちゃ、アート作品的なものなどを中心に展示しています。
ぜひこちらの方も併せてご高覧いただけましたらと思います。
アクセスは、下記ギャラリーの住所をカーナビに入力していただくと、ほぼ目的地に到着します。

期間 2018年 5月3日~6月2日までの木曜、金曜、土曜Open

会場 文庫カフェ・ギャラリーSoukano(草加野文庫)
住所 兵庫県小野市大開町415-40
電話 0794-63-6264
携帯 090-5135-4205(オーナーの藤原さん)

 

 

 

 

 

 

工房えらむ 2018年工房展のお知らせ

2018年5月3日(木)~5月5日(土)10:00~16:00に工房にて、「工房えらむ 工房展」を開催いたします。
兵庫県小野市に廃材で工房を建築し、自然素材を使い、日々の暮らしに彩りを添える作品作りを続けて6年が過ぎました。
毎年恒例となりました、ゴールデンウイークの工房展を開催いたします。
私たちは、定期的に工房をオープンしたり、ワークショップを開催するなど、地域に開かれた工房として活動しています。
ものづくりの好きな方、田舎暮らしや自然の好きな方などが気軽に訪問して、楽しんでいただければと考えています。
私たちが制作しております木の器と織の作品の展示販売と、 古いもの雑貨・古民具の販売もいたします。
新緑の工房へお気軽にお立ち寄りください。

会場 工房えらむ 兵庫県小野市万勝寺町792-7
電話 090-8930-6701

 

 

 

 

 

 

 

第4回 ウッドワーカーズクラフトに出展します

2018年4月29日~30日は、兵庫県立丹波年輪の里で開催される第4回ウッドワーカーズクラフトに参加します。
兵庫県立丹波年輪の里は、林業や木材利用の振興のための施設として運営されていることから、日頃から木工技術の指導を行ったり、木材に関する様々な取り組みがなされている施設です。
そんな、木材や木工と深いかかわりを持つ施設で、木工家のみによるクラフトフェアが行われます。木工家のみのクラフトフェアは、まだ全国的にも少ないようです。
今年は、近畿エリアを中心に38名の木工家の方が集まり、会場の芝生広場にて展示販売を行います。
今回は、少しバタバタしていて、ブログでの告知が直前になってしまいました。
このブログを書くより先に 夕方、仕事をしていると今回、材木販売で出店いただく武田製材有限会社(三重県)の武田社長さんから、会場に着いたよ!と前日から会場入りの電話をもらいました。
武田製材さんは、数多くの種類の木、めずらしい木を製材して販売していることで有名な方です。
材木の販売、飲食の販売などもあります。兵庫県立丹波年輪の里は、芝生広場と沢山の樹種の樹木に囲まれた大変気持ちの良い場所です。
ピクニック気分でお楽しみいただければと思います。

日 時 2018年4月29日(土)~4月30日(日)  29日/10:00~17:00
30日/9:00~16:00
会 場 兵庫県立丹波年輪の里 兵庫県丹波市柏原町田路102-3


 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカとニュージーランドからのお客様

めずらしく、2日続けて海外からのお客様が工房に来られました。
昨日は、アメリカからお二人。
訪ねてくれたFさんは、中学校時代の同級生。アメリカの大学に進学してそのまま、アメリカに永住しているので、なんと40年ぶりの再会。
1月の来日の時には、東京ミッドタウン デザインハブで開催されていた、日本クラフト展に出品していた私の作品を、スケジュールの合間を縫って見に行ってくれた、無類のアート、クラフト大好き人間。
私の作品に興味をもってくれて、同じアート、クラフトに精通するアメリカ人女性とともに、今回の日本滞在のスケジュールの中で私の工房を訪ねてくれました。
「日本人は、みんな控えめな活動をしているわ。もっと世界を視野に入れて活動しなきゃだめよ」とポジティブな激励を残して行ってくれました。
そして今日は、ニュージーランドからのお客様。
ニュージーランドに永住されているお母さんと子供さん。一昨年、私が活動しているアートプランおのが主催した、ワークショップにニュージーランドからの帰省の合間に参加いただいた縁で、私の工房を訪ねたいとの連絡をいただき、この度の帰国の間に訪ねてくれました。
Cさんもニュージーランドでアートを勉強されていることもあって、アート、クラフト大好き人間。
せっかくなので、ちょっぴり私の木工ワークショップを体験してもらいました。子供さんもものづくり大好きで、器用に道具を使いこなして、短時間で豆皿を完成してくれました。
ニュージーランドでの創作活動やアート、クラフト事情などをいろいろ聞かせてもらいながら楽しい時間を過ごさせてもらいました。
私たちの活動に興味をもって、こうして海外に住まわれている方に来ていただいて、いろいろな情報交換をさせていただけることは、本当に嬉しいことです。

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月の工房Open日

2018年3月の工房Openは、3月17日(土)、18日(日)、19日(月)10:00〜16:00 の3日間です。
工房で製作しています木の器等の作品、織の作品と、あると楽しい古道具、古民具を展示販売いたします。
工房の周辺も暖かくなり少し春めいた雰囲気になってきました。
工房の敷地に植えたサクランボの花が咲き始め、春の訪れを感じます。
時折ウグイスも鳴きはじめ、空高くヒバリのさえずりも聴こえるようになりました。
少し春めいた工房へどうぞお気軽にお立ち寄りください。

なお、5月のゴールデンウィークに「工房展」として、工房Openを予定していますので、4月と5月の第3土、日、月の工房定期Openはお休みいたします。ご了承ください。


 

 

 

 

 

まいまい堂での展示会に在廊

2018年2月13日から3月3日まで、京都府福知山市のカフェギャラリーまいまい堂で、陶芸家の大杉康伸(閑心窯)さんと工房えらむの合同展示会「春を感じて 器と織」展を開催しています。
今日は午後から、陶芸家の大杉康伸さんと工房えらむの夫婦で会場に在廊してきました。
期間中は、同じ会場で、福知山市在住の漫画家でアニメーション映画「この世界の片隅に」のアニメを描かれたことで有名な、こうの史代さんが手がけられた、宮部みゆきさんが新聞に連載された小説「荒神」の挿絵の原画が展示されています。
まいまい堂のある商店街は、シャッターの下りた商店が多く並ぶ、とても静かな商店街なのですが、このまいまい堂さんだけは、お客様が途切れることなく来られます。
こうの史代さんの画のファンも多く来場され、人気の高さがうかがえます。
展示会もあと1週間となりました。お時間ございましたらご来場ください。

まいまい堂 京都府福知山市下新26
2018年2月13日(火)〜3月3日(土)11:00〜18:00
(最終日は16:00まで)
休日  2月 26日(月)

 

 

 

まいまい堂での合同展示会が始まります

2018年2月13日から3月3日まで、京都府福知山市の人気のカフェギャラリーまいまい堂で、陶芸家の大杉康伸さんと工房えらむの合同展示会「春を感じて 器と織」展を開催します。
今日は、会場への作品搬入をしてきました。
親しくしていただいている陶芸家の大杉康伸(閑心窯)さんとの初めての合同展示です。
大杉さんは、まだまだ寒い冬を乗り切って春を感じるために、伊賀の窯元で修行されてお得意の土鍋を中心とした作品を用意されました。
工房えらむの作品と、なんとなく作品の波長が合って、とても落ち着いた雰囲気の展示になりました。
期間中は、まいまい堂さんで、福知山市在住の漫画家・こうの史代さんの原画展が同時期に開催されます。
アニメーション映画「この世界の片隅に」のアニメを描かれたことで有名な漫画家・こうの史代さんが手がけられた、宮部みゆきさんが新聞に連載された小説「荒神」の挿絵の原画が展示されます。
ぜひこちらの方も同時に楽しんでいただければと思います。

まいまい堂 京都府福知山市下新26
2018年2月13日(火)〜3月3日(土)11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
休日  2月 18日(日)・19日(月)・26日(月)

 

 

 

テーブルウェアフェスティバル2018での展示開催

2月4日から12日まで東京ドームで開催されるテーブルウェアフェスティバル2018で、昨年のテーブルウェアフェスティバル2017で開催された器のコンクールで大賞を受賞(芦田俊一氏との共同制作)しましたことから、同展のテーブルコーディネート部門のコンクールの大賞受賞者 松下葉子さんとのコラボレーション展示の機会をいただけることになりました。
現在、会場にて大賞受賞者によるコラボレーション展示を行っています。
昨年、テーブルコーディネーターの松下葉子さんに私の工房に来ていただいて直接打ち合わせを行ったのですが、私の廃材と土壁の工房にとても興味をもたれ、この度のテーブルコーディネートは、私の工房をコンセプトにされたそうです。
松下さんの求めに応じて、工房えらむより器・花器・板のオブジェ・織物などを制作準備しました。
コラボ展示の白いテーブル以外の木のもの、布ものはすべて、工房えらむの作品を使っていただきました。
松下葉子さんの感性に基づいて、しつらえられたテーブルセッティングは、とても落ち着いた雰囲気の中に、木の器が醸し出す独特の食空間を演出されました。私たちの思いが見事に反映されて、とても嬉しく思っています。
会場での滞在は、初日だけだったのですが、日本クラフトデザイン協会の方、東京のお取引の事業所の方々、東京在住の甥夫婦、フェイスブックつながりの方など東京でしかお会いする機会がない方が沢山、展示のブースを訪ねてくださいました。感謝申し上げます。
2月12日までのイベントですが、機会がございましたらご高覧ください。