工房 えらむ

木の器と手織の工房

木の抹茶茶碗をつくる

木の抹茶茶碗をつくる

以前から少しずつ木の抹茶茶碗の製作依頼をいただき、作っています。
刳り物の木の器を作っていますが、茶碗はやはり特別なものという思いです。
自分なりの木へのかかわり方や、これまで見てきたいろいろな道具から得たものを、自分なりの解釈で作っています。
しかし、以前に納めさせていただいた茶碗の高台の手直しを求められたりと、何より使い手の方のご意見を大切にしながら、日々勉強です。
今回は、3寸前後の栗の木を彫りました。
陶磁器とは違った、木の味わいを生かした茶碗になれば、と言う思いで作っていますが、なかなか難しいです。
刳り物の木の器を作っている者としては、木の茶碗の製作依頼をいただけることは、本当に感謝の思いです。

DSC06689DSC06701

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です