工房 えらむ

木の器と手織の工房

木工ふたり展会場にて

木工ふたり展会場にて

今日は、3連休の初日ということで、木工ふたり展会場の旧来住家住宅に、藤田さんと終日、在廊していました。
作者不在の日に、会場に足を運んでいただいた方には、申し訳ございませんでした。

会場の旧来住家住宅は、大正7年に当時の貴重な銘木を最高の技術で建てられた建物ということで、国の登録文化財に指定されています。
建物の施主は、地元銀行経営者の方であったことから、建物に関する建築用材の目録、経費の出納などが正確に記録され、当時の建築の状況が詳細に残されています。お願いすれば施設の担当の方が、詳細に建物について説明していただけます。
今回、木工の専門家の方が来られた際に、お願いして説明していただいたのですが、その銘木の種類の多さ、そして稀少かつ高級な材を、今では、再現不可能と思える高度な技術で加工、表現されていることに驚きました。
そして今日の夕方、会場では、NHKのドラマで注目されている武将「黒田官兵衛」が兵庫県西脇市出身ということで、戦国時代の結婚式を再現する模擬結婚式とブライダルショーが、生演奏とともに繰り広げられ、華やかな一日となりました。

 

DSC08349DSC08355

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です