工房 えらむ

木の器と手織の工房

今日から第54回日本クラフト展

今日から第54回日本クラフト展

今日1月10日より、所属している公益社団法人 日本クラフトデザイン協会主催の、第54回日本クラフト展が東京六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで開催されます。
956点の応募作品より入選した一般及び学生作品374点と、会員作品398点のクラフト作品が展示されます。
最近は、若い世代の応募が多いようです。とくに学生の応募が増え、新しいクラフトの未来を予感させてくれる印象があります。
写真は今回出品した、木の実をイメージした器です。
日頃製作している刳り物の木の器のバリエーションとして、木が年輪を刻む姿を重ねあわせて、細かい鎬(しのぎ)を刻むことで、人と自然とのかかわりを表現しています。

鎬の木の器

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です