工房 えらむ

木の器と手織の工房

しのぎの皿を彫る

しのぎの皿を彫る

木工旋盤を導入して、しばらくは旋盤に夢中になっていたのですが、ふと我に返って手鑿で器を彫ると、やはり長年慣れ親しんできたスタイルが、しっくり体に馴染む気がします。
木工旋盤は、腰痛に悩まされることも無く、時間を忘れて夢中になってしまうのですが、手鑿でこつこつと木の固まりを彫っていくと、木との相性がじかに手に伝わって来て、その感触が、安らぎのようなものを感じさせてくれます。
栃の木で、8寸ほどのしのぎの皿を彫っています。
栃の木の白い木肌がとてもきれいに感じるので、出来上がったら、漆塗りにしないで、オイル仕上げで、仕上げてみようかと思います。

木の器 しのぎ皿

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です