工房 えらむ

木の器と手織の工房

雑誌「住む。」66号に掲載いただきました

雑誌「住む。」66号に掲載いただきました

この度、建築・インテリア系の雑誌「住む。」2018年夏 66号に工房えらむの建物をテーマとした記事を掲載していただきました。
工房えらむの、建築家の方と廃材を使って建てた工房の建物に興味をもっていただいて、先日、株式会社泰文館「住む。」伊藤編集長さんと青木カメラマンさんに工房を訪ねていただきました。
工房建設に携わっていただいた、一級建築士の芦田義和さんとともに取材を受け、芦田さんとの対談形式の内容になっています。
建物の写真は、順光の光の中で撮影するのがベストという事で、東京より取材日前日には現地近くまで来ていただいて、当日朝の光の中で撮影が始まりました。
記事の写真は、どれも工房の雰囲気をしっくりと伝えるもので、日頃工房で仕事をしている主も気が付かない視線からとらえた写真もあり、素敵なページができています。思いがけず、表紙の写真にも使用いただいて、ちょっと恥ずかしいやら嬉しいやら。
編集長さんに勧められて「工房の四季」と言うタイトルで書いた、つたない自作の文章や写真も掲載いただきました。
機会がございましたら、最新号の雑誌「住む。」をご一読ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • おおつか より:

    きのう会社帰りに本屋に立ち寄り雑誌を購入しました。
    田中さんご自身による写真と文章も載っており、木工作家さんは皆さん筆が立つなと感心したところです。
    工房はご自身で建てられたと伺っていましたが長い年月が掛かったのですね。その間は大変だったでしょうが楽しい時間を過ごされたのだと思います。
    工房の内外の写真を見ながら、訪問した時のことを思い出しました。とっても素敵な工房で、特に二階の窓ガラス越しに見た庭と栗の木が印象に残っています。
    この工房から新作が生み出されるのを楽しみしております。

    • えらむ より:

      おおつか 様
      先日は、神戸での個展にお出でいただきましてありがとうございます。
      また、雑誌「住む。」を購入いただきましてありがとうございます。
      思いがけず、工房のことをしっかり紹介いただく機会をいただけたことを、嬉しく思っています。
      これも素晴らしい建築家の方と出会うことができたおかげだと思っています。
      また工房へお気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です