一文字盆を彫る

7月に予定している、急須やお茶にまつわる展示会に向けての道具の制作として、栗の木で一文字盆を彫りました。
一文字盆は、煎茶を運ぶための細長いお盆で、小さな煎茶のお茶碗がちょうど五つ 並ぶサイズになっています。
今回彫ったのは、縦11.5センチ、横40.5センチ、厚さ1.8センチの細長いもので、漆を塗って仕上げます。
スリムなお盆は、使いようによっては、茶器のお盆としてのみでなく、直接あるいは、小鉢や豆皿と組み合わせて料理を盛付けても、テーブルコーディネートのアクセントにもなると思います。
使い様を工夫すれば、器としても楽しく使っていただけると思います。

一文字盆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です