欅しのぎ鉢

欅の木で、しのぎ鉢を作りました。
長く木を彫っていると、恥ずかしながらだんだん彫る力が弱くなってきて、堅い木はどうしても敬遠がちになります。
木工ろくろを使わないので、鉢ものを彫るとなると、どうしても栗の木などの彫りやすい木を使いたくなります。しかしながら、鉢を彫る上では、欅の木のような緻密で硬質な木は魅力的な木です。
今回は、しのぎの有る鉢を作ってみたかったので、欅を選択しました。
彫るのは大変ですが、やはり彫り上がりは、しっかりとした杢目と硬質な欅の木の良さが感じられます。しのぎを入れても、しのぎの山の部分が欠けたりせず、緊張感のあるしのぎを刻むことができました。
フリーハンドで彫った鉢の縁のラインに、しのぎの縦のラインが、面白い雰囲気を作ってくれたように思います。
欅の木に、生漆でそのまま拭き漆をすると、赤っぽい色が強くなるので、私の好みとして、漆に少し煤を混ぜて、少し黒っぽい色で仕上げました。

木のしのぎ鉢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です