栗材のリム皿の仕上がり

栗の木でお皿の縁が広いリム皿を彫りました。
黒を基調とした拭き漆塗りで仕上げています。
7寸(21センチ径)と8寸(24センチ径)の二サイズがあります。
リム付の皿になると自然と洋食器的になりますが、和食器としての用途も意識した、多用途なお皿になればと思い、黒い拭き漆塗りで仕上げました。
出来上がったリム皿は、10月10日~17日まで、兵庫県明石市の「ギャラリー風来(ふうき)」さんにて開催される「木金土 三人展」に出品いたします。
ギャラリー風来さんでの「木金土 三人展」は、陶芸家の伊藤 慎さん、金属アルミによる器制作者の森下シゲキさんと木の器の田中陽三の3人による、木と金属と土を素材とした3作家による展示会です。
森下さんのアルミを叩き出した、つや消しの金属食器、伊藤さんの絵画的な釉薬使いの白を基調とした陶器との相性も考えて、私は、マットな黒の基調の器を多く出品しています。
お時間ございましたら、ギャラリー風来さんにて、作品をご覧いただけますと幸いです。

会場 「ギャラリー風来」 兵庫県明石市天文町1-7-9

期間 2020年10月10日(土)~10月17日(土) 11:00~18:00 (最終日は17:00まで) 会期中無休

木のリム皿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です