工房 えらむ

木の器と手織の工房

18日

お盆を彫る

お客様からのご依頼で、栗の木で丸いお盆を作っています。私の木の器づくりは、材を手で彫って作ります。木工ろくろを持っていないので、この丸いお盆も材料をバンドソーで丸くカットし、のみで内側を彫って作ります。木工ろくろを使うと正確な丸いお盆ができますが、私は手で彫ることが性に合っていて、スローな仕事をやっています。
以前、少し食器の勉強のためにと陶芸を習っていましたが、私の作る木の器は、陶芸で言うところの、「手びねり」の作品のようなもので、焼き物にある指の跡がのみ跡と言ったとことでしょうか。このちょっとしたゆがみのようなものが私には落ち着くのかと思います。

DSC03780