工房 えらむ

木の器と手織の工房

カッティングボードを作るワークショップ報告

カッティングボードを作るワークショップ報告

今日、2019年3月30日、兵庫県多可郡多可町にある、お洒落なカフェ・チャッタナの森にて、クルミの木で作るカッティングボードのワークショップを行いました。
カッティングボードの片面に、チェック柄の彫り模様を入れて、サンドペーパーで磨いて仕上げる内容です。
彫刻刀で彫り模様を入れる際に、カフェの照明が思いのほか明るくて、彫り目の跡が判りにくいと言う、ちょっとしたアクシデントがありましたが、急遽カフェの照明を一部調整していただいて、なんとかやりくりしながらの作業となりました。
連続する彫り作業に苦労されながらも、全面にチェック柄の彫り目が入ると、それぞれ暖か味のあるカッティングボードが出来上がりました。
仕上げは、ボードをサンドペーパーの♯120、♯320で木地調整し、クルミオイルと耐水ペーパーで研磨し、滑らかなカッティングボードにしました。
急遽キャンセルのお客様などがあって、参加者は少なかったのですが、カフェタイムでは、みなさんの木の愛好家談議で盛り上がり、これもまた楽しい時間でした。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です