工房 えらむ

木の器と手織の工房

30日

廃材のコラージュ

木の器を作っていると沢山の廃材がでます。
木と言う素材は、当然のように自然なものなので、割れや節があったり、腐っていたり、虫が食っていたりするところがあります。せっかくなので、できるだけそんな部分も生かして器にすることもしていますが、大方、器に向かない部分は除いて使います。
しかし、この除いた部分になかなか味のある表情があって、捨てられない。
そんなことから始めたのが、廃材のコラージュ。
面白そうな廃材と、小さくて使い道の無くなった木を組み合わせて、絵のようなものを時々作っています。
アクリル絵の具で少し色を付けたりして、また違った木の表情を表現できればと、楽しんでやっています。

DSC06944

 

DSC06948