工房 えらむ

木の器と手織の工房

20日

じゃがいもと椎茸の植え付け

最近は寒さもやわらぎ、気温の上昇とともに、工房の周辺の木々も春らしくなってきました。
自然の移ろいを肌で感じながら生活することは、とても気持ちのよいものです。
少し出遅れた感もあるのですが、じゃがいもと椎茸の植え付けをしました。
今年のじゃがいもは、定番の「メークイン」とはじめての品種「シンシア」。
「シンシア」は煮物とサラダに向いた貯蓄性の良い品種ということで、今年初めて植えてみることにしました。種芋の切り口には、工房の薪ストーブの灰をまぶして、植え付けました。
そして今年初めて椎茸の植え付けをしました。コナラの原木にドリルで穴を開け、シイタケ菌を埋め込めば完了。年内の収穫は無理かと思いますが、初めての椎茸栽培、ささやかな楽しみが増えました。
四季折々に野菜や果物を栽培し、食することは、何ら特別なことではありませんが、暮らしが自然とともにあることに、喜びを感じます。

DSC01000DSC00797