工房 えらむ

木の器と手織の工房

08日

栗の木の角皿

栗の木で角皿を彫っています。
3センチの厚みの材で7寸角(21×21センチ)の角皿です。
角皿で、このように平面で構成されている器を彫るのは、とても手間がかかります。
丸い器で、曲面で構成されているものに比べると、平面と平面を際立たせて彫る作業は、私には、はなかなか大変で、相変わらず、丸鑿を主に使いながら、ゆっくりと彫っているので、時間がかかってしまう仕事です。
なので、写真の角皿をすべて一日で彫った訳ではありません。
拭き漆塗りで仕上げる予定です。

木の角皿