きれいな杢目のお盆

きれいな杢目の栗の板がありましたので、お盆を彫りました。
最近は、薄目のお盆を彫ることが多くて、経年使用によるお盆の反りを考慮して、柾目の板を使うことが多くなっていました。柾目の板は、それなりに美しさはあるのですが、やはり杢目が単調で、少し物足りなさも感じます。
今回は、細かいきれいな杢目の板目の板があったので、少し厚めのお盆を彫りました。
おかげで、彫ると細かい複雑な杢目が、美しい景色を作ってくれました。
彫り上がったお盆は、柾目の板にはない、味わいのある雰囲気のお盆になりました。どちらかと言えば、杢目に助けられて味のあるお盆になったような感じです。
もっとお盆の造形的な部分で、美しい杢目をさらに生かせるようなお盆作りができるようにならなければと感じるところです。

栗の木のお盆