工房 えらむ

木の器と手織の工房

薪ストーブと鋳物のアイテム

薪ストーブと鋳物のアイテム

昨年末からお正月前後は、妙に暖かい日が続いて、工房の薪ストーブの出番が無い日も多かったのですが、さすがに最近は、本来の冬の姿に戻って、薪ストーブの本格的な季節となりました。
薪ストーブは、工房にとって大変重宝するアイテム。
もちろん第一に部屋を暖めてくれる。
火が燃えている姿を見ていると、心が休まる。
木工作業で出る木くずがすぐ焼却できる。
一日中湯が沸かせる。料理ができる。
なんと、すばらしいアイテムではないでしょうか。
と言うことで、薪ストーブにかかせないのが、ケトルと鍋。
愛用しているのは、東北の鋳物製のもの。ケトルは、所属している日本クラフトデザイン協会の会員の大先輩の増田尚紀氏のもの。まだ薪ストーブを使っていなかった、30年前にフォルムに惚れ込んで購入して、ずっと使っています。
鍋は、及源(oigen)ブランドのもので、これもスタイルと機能性に惚れ込んで購入したもの。
鋳物製のしっかりしたふたつのアイテムは、一日中ストーブの上にあって、スタイリッシュに空間を演出し(ちょっとストーブが小さいですが)、安らぎを与えてくれるお気に入りです。

DSC04017

 

 

 

 

 

 

 

 

« »

コメント

  • kakei より:

    はじめまして。

    私はよく、えらむさんの看板が立てられている道を通っています。

    いつも気になりながら通過するのですが、今日初めてネット検索をかけ、ここを見つけました。
    車道からは建物が見えず、様子がわからなかったのでなかなか入っていく勇気がありませんでしたが、写真を見てとても良い環境の工房だなぁと思いました。

    作品も見せてもらいました。
    とても味のある素敵な作品ばかりですね。
    いつか機会があればお邪魔したいと思っています。

    • えらむ より:

      kakeiさん はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      ちょっと入口が狭くて、急坂なので入りにくいかもしれませんが、お気軽にお立ち寄りください。
      毎月、第3の土曜、日曜、月曜の3日間、10:00〜16:00工房をOPEN公開しています。
      ちょうど1月は、16日、17日、18日がOPEN日で、明日18日も開けています。
      2月は、20日、21日、22日OPEN予定です。
      入口の坂を上がった奥に広い駐車場もありますので、お気軽にお立ち寄りください。
      工房えらむ

      • kakei より:

        ありがとうございます。
        そのうちあの坂道を頑張って上ってみますね。笑

        薪ストーブも魅力的です。
        憧れる~。

        寒い日はオレンジの炎とその暖かさがたまりませんねぇ~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です