工房 えらむ

木の器と手織の工房

02日

テーブルウェア・フェスティバル2015に行ってきました。

2月1日から東京ドームで開催されている、テーブルウェアフェスティバル2015に行ってきました。
開催イベントのひとつ、第23回テーブルウェア大賞 オリジナルデザイン部門に入選した、最終審査結果の発表がありましたので、初日に会場入りしました。
結果は、残念ながら作品の木の器は、入賞には至りませんでしたが、せっかく東京まで来たので、受賞セレモニー会場で審査員のおひとり、漆芸家の大西長利先生にお願いして個人的に作品の講評をいただきました。丁寧にお答えいただきとても勉強になりました。その中で先生は、木は、人間が造り出すことができない素材。そして、いろいろな自然環境とともに生きてきた命のある素材であることを、よく考えて作品作りをすることが大切と言われました。これから木の器を作っていく上で、とても素晴らしい話を聞かせていただくことができました。
その後、フェスティバル会場の東京ドーム内見て回りました。全国のテーブルウェア製作者・事業者の方が、技術・技法等を駆使して製作された、膨大な数の器とその関連商品・作品の出店と展示、そして想像を超える多くの来場者の数に圧倒されながら、これからどう器作りをしていけばよいのか、を考えさせられるイベントでもありました。

DSC00407DSC00420