工房 えらむ

木の器と手織の工房

08日

ジャズピアニスト山下洋輔トリオのLP

今日、2月8日は、小説家 立松和平さんの命日。立松さんの本で思い出すこと。
立松和平さんの本「青春放浪」を読んでいると、本の中に私が好きなジャズピアニスト山下洋輔さんの若かりし頃、自主制作されたLPレコード「DANCING古事記」が製作された経緯が書かれていました。
レコード「DANCING古事記」は、1969年の学園闘争の真っただ中に、田原総一郎氏の企画で、山下洋輔トリオが早稲田大学 四号館内で演奏されたものをLPレコードにされたもの。
レコードは、立松和平さんがまだ売れない作家であったころ、有り余る時間を持て余していると言うことで、新婚住まいのアパートを事務所にして、山下洋輔さんらとともに、剣道仲間だった舞踏家の麿 赤児さんを代表にして、麿プロダクションと言う名前で製作されたもの。今ではビッグアーティストになっておられる方々の、なんとも初々しく、不思議な縁で製作されたものだったのです。
山下洋輔トリオの最初のLPレコードとしての存在は知っていましたが、偶然、立松和平さんの本で、その経緯を知るや、どうしても聞きたくなって、再販されたCDではなく、絶版のLPレコードを探して購入しました。
レコードに針を落とすと、その時代を彷彿とさせる臨場感と、迫力ある演奏に感動しました。
その後、山下洋輔さんのソロピアノコンサートに行った際に、ご本人からレコードジャケットにサインをいただき、大切にしています。
それにしても享年62歳、立松和平さんの死は早すぎます。

DSC06154DSC06152