工房 えらむ

木の器と手織の工房

13日

四角い器を彫る

私が、刳り物の器を作る場合、丸い形に彫っていく方が楽なので、どうしても丸い形の器が多くなっていく傾向があります。
そんな思いから、今回、四角い器を意識して彫ってみました。
器の角や平らな面を出して行くのは、結構面倒で時間がかかります。私の仕事は殆どフリーハンド的なので、角の器の本来直線や平面で構成されている部分が多少、曲線、曲面になっているところが、ご愛嬌というところでしょうか。
それでも丸い器とはまた違った雰囲気があって、楽しめます。そして四角い器は、板からの木取をする場合、丸い器に比べると、はるかに捨てる部分が少なくなるのが、良い点と言えるようです。

木の器 角鉢 角皿