栗の木でリム皿を彫る

栗の木でお皿の縁が広いリム皿を彫りました。
久しくリム皿を彫っていなかったのですが、展示会の機会も増えたことから、器のバリエーションを増やすことにしました。
日ごろは、和食器的なものを作ることが多かったのですが、リム付の皿になると自然と洋食器的に
なるようです。
クルミや山桜の木で彫ってオイル仕上げとすると、まさに洋食器となるのですが、今回は、あえて栗の木でリム皿を彫りました。
栗の木で出来たものは何故か和のイメージを感じます。
塗装は、黒を基調とした拭き漆塗りで仕上げます。
和食器も意識した、多用途なお皿になればと思います。

木のリム皿