工房 えらむ

木の器と手織の工房

27日

花型の皿を彫る

工房の周辺もだいぶ暖かくなり、春めいてきました。
いろいろな花も咲き始め、最近彫っていなかった、花型の皿を彫ることにしました。
まだ、蕾もある、のんびりと工房の片隅で咲いている梅の花をモデルにして、新しいかたちの皿を彫ります。
銘々皿として、茶托としても使えるものにしました。
栗の板をこつこつと彫っていくのですが、皿の内側より外側に時間がかかって、なかなかはかどりません。
それでも、少し数がある方が花らしいと、頑張って彫ってみました。

花型の皿DSC07302